感謝です。

最近、ちゃんと文章を書いている暇がまったくなく、更新途絶えっぱなしなのですが、ありがたいことに「みんなのフォトギャラリー」にあげた写真を使ってくださる方が沢山いらっしゃって、その通知が励みと喜びになっております。いろんな写真……紫陽花だったり、夕景の空だったり、電線で切り取った青空だったり。

皆さん、ありがとうございます!

私は写真やカメラには全く詳しくない素人ですが、何でしょうか、デジカメで

もっとみる

古代ローマと鉱物

古代ローマの博物学者ガイウス・プリニウス・セクンドゥスは、著作『博物誌』の中で、鉱物に関する章を設けている。古代ローマでも鉱物は彼らの生活を支える上で欠かせない存在だった。様々な道具に利用されたり、その神秘的な見た目から迷信が生まれたり、ローマ人と鉱物の関係性は興味深い。ここでは、そんなローマ人と関わりの深い鉱物を一部紹介する。

ティレニア海に浮かぶイタリアのエルバ島から産出した赤鉄鉱。この地か

もっとみる

1984_御金の知識、ソモソモの情報

1.好きなモノが集まってくる

①:お金が好きな人は、身の回りに御金が集まってくる、という話がありますが、これは実際にそうだと思います。好きだ、と実際に集めるという行動を起こすので、マインドと行動が一致していると、すぐに現実化が起きます。同じように女好きの男は、身の回りに女が多くなります。逆の男好きの女も身の回りに男を集めます。好きになる、というこの行為の1つに、色々な角度から対象を見ることで、そ

もっとみる

宇宙の一粒

石はただ、そこにいるから。
石は私のことをなんとも思わないから。
好きとも、嫌いとも。

それが好き。

一緒にいても私が損なわれることがなくて、
私に損なわれることもない。

ただ、きれいにそこにいる。
ただ、ひかりを通したり、反射したりしている。
その様子を、私がじろじろ見ても怒らない。

石を頼って、お守りにしているとき。
失敗しても、あきらめても、どんな道を通っても。
私の

もっとみる

雲母

雲母(うんも)という鉱物をご存知だろうか。

雲母(うんも)は、ケイ酸塩鉱物のグループ名。きらら、きらとも呼ばれる。特に電気関係の用途では、英語に由来するマイカの名前で呼ばれる事も多い[1]。英語のmicaはラテン語でmicare(輝くの意)を由来とする。
出典 ウィキペディア

この鉱物は石のわりに脆く、
石の表面を剥くと薄い鱗片と崩れたときにできた粉末になってしまう。

きらきらした粉とし

もっとみる

【告知】 博物ふぇすてぃばる!6

【告知】

#博物ふぇすてぃばる** ! 6に参加します**

2019

**7/20(土)21(日) **

20日(土)11:00~17:30

21日(日)10:00~17:30

** 入場は17:00まで**

ブース:E-3逃猫舎×ハイツ黒猫

【場所】

九段下科学技術館

最寄駅:竹橋・九段下駅

当日券 1500円

【内容】
オリジナルの博物グッズの展示、販売イベントです。

もっとみる

3、大地より生まれ出づる輝き

*こちらは以前別サイトに載せていたものを再掲しているので時間軸が2019年初頭のものとなっています。

こんにちは!泉羽です。

もう2019年になって10日経ってしまいました。今年も夢に向かって一歩一歩進んでいきたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。

今回は「鉱石」に関して書きます。

 

私は昔からキラキラしたものや宝飾品が好きです。これは身に付ける事も含まれますが、大抵の場合は

もっとみる

貝がこうぶつの小さき者

学校で貝を発掘する会なるものを発足した。

裏庭の隅にある鉄棒1の横からサザエが取れたので、いろんなところを掘り出した。

大昔、学校があった場所は湖、いや、海だったのではないかと夢想する。

プール横の木が数本生えたところもクサイと見て、友人と手をつけはじめた。

その頃には鉄棒1の横は穴だらけになっていた。

プール横は小さな崖のようになっていて、子供にとっては危険な場所だった。

それでも小

もっとみる