関係性の美学

〈第36章〉 5月31日(金) 19:00〜、「“夜もや” 哲学カフェ」 を開きます @ 学びのサロン 新大塚塾

開塾準備であたふたしたまま、結局「関係性の美学」までの70章、は書けませんでした。でも、やります、「もやもやとしたお話会」。

名付けて、「“夜もや” 哲学カフェ」 。主題も決めました。

今回のテーマは、「乗り越える」

乗り越えた経験、乗り越えられなかったこと。乗り越えようと思っている今、将来乗り越えなくてはいけないこと、などなど。

話がそれてしまっても、全然大丈夫です。テーマからの脱線も語

もっとみる
わっほ〜〜〜い!! やった〜!! ありがと〜!
4

〈第35章〉 疾風怒濤の1週間だった ①

「関係性の美学」を放り投げたまま。しばらくは、自分を振り返っている時間もありませんでした。

走馬灯が疾風怒濤になったような、1週間でした。(でも、生きてます笑)

5月18日土曜日、朝6時に車でアパートを出発。仕事場7時半に仕事場に車を駐める。カフェで時間つぶしをするも、潰しきれず新大塚駅へ。

新大塚駅にはカフェがない。JR大塚駅まで朝散歩。大塚駅前は、「大塚バラまつり」期間中。色とりどりのバ

もっとみる
グラシア〜ス! フラメンコなリズムで、良い1日を!
2

日常で美学をするということ~親子編~

こんばんは、赫斑点です。

今日は久しぶりにけんかをしました。
その状況から、勢いでスライドを作りました。

私が大学で行ってきた美学という哲学を親子の切り口で緩くまとめたつもりです。

※なお、私は研究課程を出たわけではないので、あくまで大学で学んだ知識をもとに勝手に論じているだけですのであしからず。

もっとしっかり美学理論を知りたい方は、D・バウムガルデン著の「美学」をお読みください。

もっとみる

芸術作品、プロトタイプ、理論的対象

1 現代芸術は、いわゆる「脱物質化」(ルーシー・リパード)以後、一個のタブローやオブジェというよりも、ネットワークの一結節点としての様相をますます呈してきている。一九六〇年代の造形芸術に生じたプロセスやコンセプトの重視、プロジェクトやインストラクションの設定、イヴェントやハプニングの実行は、今日の世界各地でのアート・フェスティヴァルの隆盛とアーティスト・イン・レジデンスの定着のなかで、もはや当然の

もっとみる

〈第34章〉 人生に必要な知恵はすべて、五十の手習い大人ピアノで学んだ (3) 〜インプットとアウトプットの歪な比率

年度始めはいつもバタバタ。(バタバタは単なる言い訳だと、わかってはいますが)集中してピアノを練習する時間がありませんでした。葉桜となりハナミズキが満開の時期になり、ようやく指先にも気合が入ってきました。

現在の課題、および練習している曲。

1 初級者のための、やさしいハノン(小学生用です)
2 Chopin Nocturne in C-sharp minor, Op. posth. (「戦場の

もっとみる
オブリガ〜ド! サンバのリズムで、今日もノリノリ!
6

〈第33章〉 マンガ財務諸表入門 並木秀明 監修 円茂竹縄 画 トレンドプロ 制作 (サンマーク文庫)

☆漫画だけれど、結構骨太な本だった。犬耳スコア 1

ファイナンス&会計本、結構続けて読んだなぁ〜。(がんばったぞ)
基本単語はおおよそ網羅し、大体理解できたな〜。(えらいぞ自分)

貸借対照表や損益計算書の仕組みもわかったし〜。(やるじゃないか)
キャッシュフロー計算書の重要性も納得できた〜。(そこが肝だぜ)

この本は漫画の体裁をとっているけれど、中身はとてもしっかりしている。これまでのファイ

もっとみる
サンキュ〜の、べりまっち、っす!
3

〈第32章〉 スイセンが好きです

今年はスイセンがきれいでした。3週間くらい咲いていました。

スイセンは球根植物。一度植えておけば、何もしなくても毎年きれいな花を咲かせてくれます。球根は毎年新しい球根を生み花の数も増えていきます。花が終わった後にその一部を掘り返し、別の場所に植え替えればまた新しい花が生まれます。

同じく球根を植えるクロッカスや、ムスカリも好きです。短い草丈ですが、広い面積に植えると風景を変えてくれます。でもス

もっとみる
あざ〜〜す!! ありゃっと〜〜ざいあした〜!!
3

〈第31章〉 人生に必要な知恵はすべて、五十の手習い大人ピアノで学んだ (2) 〜ピアノの練習と英語学習について [後編]

(「じゃ〜、英語無理なの〜〜。」と、[前編] からの続き)

可能です。

いきなり結論から入りますが、その答えは楽譜です。ピアノのない場所でも、楽譜があれば曲を学べます。つまり、ピアノの勉強は可能です。

練習と勉強。それぞれの役割を意識しなくてはなりません。ピアノ自体がない場所では、ピアノの勉強をしましょう。ネイティブスピーカーがいない時には、英語の勉強をしましょう。ピアノの技術習得、英語の実

もっとみる
サンキュ〜の、べりまっち、っす!
7

〈第30章〉 人生に必要な知恵はすべて、五十の手習い大人ピアノで学んだ (1) 〜ピアノの練習と英語学習について [前編]

ピアノの練習を続けていて、とてつもなく重要な法則を発見しました。

「ピアノの前に座り、自分の指で鍵盤を押し下げる時間を作らなければ、1ミリも上達しない」

楽譜を眺めていても(そもそも読めない)、ショパンのプレリュードを聞いていても(気持ちだけは豊かになります)、レッスンがある時だけ、教室のピアノに触っていても(あるあるですが笑)、僕のピアノ習得への年表は初心者時代のままで、新しい時代の夜明けを

もっとみる
メルシ〜、僕!! いいことありますように ♪( ´▽`)
4

〈第29章〉 「予想どおりに不合理」 ダン・アリエリー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

( Predictably Irrational  Dan Ariely )
☆犬耳スコア 7

Over the years I've tried to understand the silly dumb, odd, amusing and sometimes dangerous mistakes we all make, in the hope that by understanding ou

もっとみる
うれっしぃっす!! 感謝っす! 感激っす!!
4