A子さんの恋人

マイマザー

人工股関節を入れた母が、今大阪の私の住まいにいる。

母が来てから家が綺麗だし、美味しいご飯も食べれて最高である。

そしてマイマザーにはアメリカ人の彼氏?がいる。つまり、未来のマイファーザー。

出会いは私が教えたtinder、マッチングアプリ。

マッチしたのが2年前。かれこれマイマザーはマイファーザーと2年ほどペンパル。

つまり、マイマザー、マイファーザーと会ったことがない!!!

そうな

もっとみる
スキアリガトウ!ぷらっとでいいのでまた立ち寄って見てね!
9

今おもしろいマンガの話をしたい

今連載中のマンガの中で、個人的に大好きでおもしろいと思っているマンガの話をしたい。

「ボンクラボンボンハウス」ねむようこ
ひとつめは、ねむようこさんの「ボンクラボンボンハウス」

大学を中退した一樹(カズキ、名前的に迷いますが女の子)が、おばあちゃんの遺した美容室を改装して一人暮らしをすることに。美容室を開業する場所を探していた聖大に一部を貸し、改装は元リフォーム屋の栄吉に力を貸してもらいなが

もっとみる

はなまめと本。『A子さんの恋人』5巻 近藤聡乃

『A子さんの恋人』5巻
近藤聡乃

待ちに待った5巻は
内容的にも
物理的にも
分厚かった。
(212Pの分厚さ)

えいこのデビューマンガが載っていて、
どんなマンガを描くんだろうと思っていた気持ちが満足した。

言葉にならない自分の内面に
それぞれの登場人物が、
向き合い始める貴重な巻。

恋とか
友情とか
自己愛とか
家族愛とか
はっきりとは言葉にしにくい
様々な感情に向き合うってどういう

もっとみる

六方美人:『A子さんの恋人』

「八方美人」は、顔を向ける人の視点からみた言葉だけど、向けられる八方からその人を眺めたら、たぶん、よくても「六方美人」くらいなんじゃないかね。

A子さんの恋人は、「二方ぶす」も丁寧に描いている作品で、だから私は好きだと思う。もっと言えば、「六方ぶす」も「一方ぶす」も、色々出てきて、それぞれがきちんと描かれているから、好きだと思う。

例えばA太郎という人が出てくる。この人、モテる。恋愛だけじゃな

もっとみる
おすすめ漫画:町田くんの世界(さりげないやさしさを補給したい人に)
11

薄ら寒さを感じた

近藤聡乃の漫画『A子さんの恋人』を読んだ話。

A子さんには2人の恋人がいる。
ひとりは大学時代から付き合っているA太郎。
いつの間にか人のフトコロに入ってしまう人懐っこさと、自分の外見をよく理解した手抜き感。そして性格の悪さの3つが彼の構成要素。
もうひとりは留学先で出会ったA君。
多国語を操るインテリ眼鏡。基本的に人に関心を持たないが、A子には絶妙な飴と鞭(甘やかしといびり)を発揮する。
そん

もっとみる