『入社&立ち上げ3ヶ月、高速でキャッチアップと施策実行をしていくための3つの方法』 株式会社カヤックLiving カスタマーサクセス 高垣陽子さん(『BtoB×SaaS×CS LightningTalks #5』参加レポート)

2019年7月4日(木)に開催された「BtoB×SaaS×CS LightningTalks #5」で登壇されていた、株式会社カヤックLivingの高垣陽子さんのLT内容をまとめます!

移住マッチングサービス『SMOUT』での取り組み

高垣さんはSMOUTという、移住希望者と移住先のマッチングを行うサービスのカスタマーサクセスを担当されていらっしゃいます。

「地方へ移住するにはどうしたらいい

もっとみる

BtoCのマーケティングとは?効果的な手法や購買プロセスなどを紹介

BtoC(Business to Customer)とは企業対個人の商取引を指す言葉です。B2Cと表記されることもあります。

ITの進化やIoT、AIの登場などにより、顧客の購買活動は変化しているのは確かです。そんななかBtoCのビジネスは以前よりも複雑で難易度が高いものになりました。

今回はBtoCのビジネスモデルを展開する企業に向けて、BtoBビジネスとの違いや適したマーケティングの手法、

もっとみる

あいさつをKPIに設定したことで見えてきたこと

石川県にある加賀屋さんという旅館は、
36年連続でおもてなし日本一の座に輝いているそうです。

NIKKEI STILEの記事の中で、代表である小田社長が非常に興味深いことを言っていました。※森さん本記事の共有誠にありがとうございます。

「そこで、私が社長になってから導入した手法が2つあります。1つはKPI(キー・パフォーマンス・インデックス)です。『あいさつは立ち止まってする』といった部署ごと

もっとみる

事業承継、BtoCへのビジネスモデルチェンジがカギか

日経電子版の記事【家業継ぎつつ新事業 「アトツギ」承継で廃業防げ】は、中小企業のアトツギが、本業承継と新規事業立ち上げをセットで引き継ぐ『ベンチャー型事業承継』に関するリポートで、とても参考になります。

 引き継ぐ主体がアトツギであるかどうかは別として、最大のポイントは、中小企業の埋もれた技術リソースを商品の価値へと繋げていく新規事業のあり方である事は間違いありません。

 そもそも、OEMや下

もっとみる

複業に挑戦したいので、簡易的なポートフォリオを作りました。

初めまして、こんにちは。金森悠介と申します。アイキャッチ画像は内容と全く関係ありませんが、好きなフラワーアーティスト東信さんの作品をPinterestより借用させていただきました。

さて、急ぎでは全くありませんが、そろそろ複業に挑戦していきたいので、まずはポートフォリオを作ってみようと思います。

もし少しでも興味を持って頂けましたら、ご連絡/ご相談いただけると幸いです。

簡単な自己紹介

もっとみる

匠の技の光る『工場ブランド』~OEMとのシナジー効果も~

日経電子版の記事【革カバン、自社ブランドで展開 香川のアーバン工芸】や【「捨てない服」が掘り起こす潜在市場】を読むと、OEMメーカーが自社ブランドを立ち上げることの意義、『工場ブランド』の持つポテンシャルがひしひしと伝わってきます。

 そもそも、ファブレス企業などにとって、特定のOEMメーカーを選ぶという事は、そのOEMメーカーの技術力への信頼が前提です。ただ、企画・開発の主導権がファブレス企業

もっとみる

#翻訳 なぜB2CよりB2Bの方が好きか

Atriumのパートナー、Justin Kanのブログで
なぜB2CよりB2Bの方が好きか、というテーマの投稿がありました。
(投稿は2018年7月11日)

私もtoCではなくtoBで行こうと決めていましたが、
その理由がクリアに言語化できました。

原文:Why I Love B2B over B2C

Justin kanは、ゲームのライブストリーミング配信会社 Twitch に進化し、後に

もっとみる

【プレゼンをするときに心がけていること】

【プレゼンをするときに心がけていること】
人前で何かを話すときは誰しも少なからず緊張をするもの。
人数・時間・場所などによって感じるプレッシャーも大きく変わる。
昨日のプレゼンは約10名ほどを相手に行なった。
1本軸はありながらも個で戦う人を相手にするの容易ではない。
そこで自分が大切にしているプレゼンのポイントを整理してみた。

1.雰囲気をすばやく掴む
2.声のトーンを話す内容によって変える

もっとみる

【変われるか変われないかの話】

【変われるか変われないかの話】
今日一番考えさせられた言葉。
「時代に合わせて変われない人・企業は生き残れない時代が来る」
クライアントの担当者が何気なく話した言葉。
これから教育分野も難しい時代に入るという。
県立高校が中高一貫校を始め、中学校が小中一貫校を始める。
これまで高校受験がオーソドックスだったところに中学受験が一般的になる可能性が高いという。
その為、受験するための準備の仕方も変わる

もっとみる

【Adobe XDによるプレゼン資料】

【Adobe XDによるプレゼン資料】
プレゼン時に使用する資料をAdobeXDを用いて作成をおこなった。
事前にイラストレーターで作成していたことからコピーを貼り付けただけではあるものの俯瞰してスライドを作成できるのが良い。
AdobeXDを使用するメリットとしては以下のことがあげられる。

1.直感的操作ができる
2.俯瞰して全体を見渡すことができる
3.webやPDFといった用途に合わせた書

もっとみる