GIS

Mapf  Dingbats

世界のトップ10入りを果たしたこともある腕前のプロのサーファーで、教師でもありグランジスタイルのデザインの産みの親といわれるグラフィックデザイナーのDavid  Carsonは、RAY GUNのアートディレクターをしていたときの話だが、過去にロキシー・ミュージックでボーカリストだったこともあるブライアン・フェリーのインタビュー記事が余りにもクソだったという理由からそのテキスト全部を記号のフォント…

もっとみる

投票率の高い都道府県はどこだろう?

2019年7月21日の参議院議員選挙も間近に迫っているので、
投票率が高い傾向にある都道府県はどこかということを知りたいので、
これまでの参議院選挙と衆議院選挙の都道府県別投票率を4段階で色分けしてみました。

 データは総務省と都道府県選挙管理委員会のものを利用しました。

 1947年から2016年までの第1回から第24回参議院選挙。
1890年から2017年までの第1回から第48回衆議院選挙

もっとみる

化石チョコレートをもらった

地質調査総合センター(独法産業技術総合研究所)の方から、化石チョコレートをいただきました。
これ、すごく面白いです。
本物の化石を使って型を作って、明治製菓と組んで製品化したそう。
説明書付き。食べるのが勿体ないくらい、自慢したいくらい、見事な造形です。
(ちなみに値段は2,000円超するそうです)

もう一つ、特に嬉しかったのが、人と人との橋渡しができたことです。
以前、宮崎県の「ひなたGIS」

もっとみる

なぜ、「リベラルアーツ」なのか。

リベラルアーツ、ってなんでしょうか。
私の所属する 法政大学 の グローバル教養学部(Global Interdisciplinary Studies; 下記 GIS) ではリベラルアーツの概念をもとに、授業が構成されています。

最近になってよく聞くようになった言葉だと思いますが、
大学受験間近の私は、意味もよく理解しないまま、ただ教養学部の分野を絞らなくていいという利点と、当時の学部長のプレゼ

もっとみる

>"Hello, World!"

本日、2019年2月25日は
シドニー大学の1st Semesterの授業開始日です。私にとっては2回目の、オーストラリア留学。

2014年 2月 私の高校留学が始まりました。今思えば、私にとっても、両親にとっても、本当にすごい決断だったと思います。言語もままならず、日常生活をひとりで送ったこともなかった16歳の私を見送ることが、両親にとってどれだけ心配だったか考えると、胸がグッと痛むほどに、感

もっとみる

日本酒とQGIS③ データの結合

前回までにcsvファイルをQGIS上で開けるようにしました。

今回は,csvファイルとshpファイルを結合します。

まず,KENを右クリックし,プロパティー結合と開き,+をクリックして,下の画面のようにします。結合フィールド(県名)とターゲットフィールドを選択し,OK→適用→OKとしていきます。

属性テーブルを開くと,下図のように表示されるはずです。

この段階では,一時ファイルとして結合し

もっとみる

日本酒とGIS② 全国市販酒類調査データの確認(一般酒)

GISの勉強に,「全国市販酒類調査の結果について」の調査を利用します。平成21年度の調査です。ぱっと見つかる一番古いデータが,この調査ですので,このデータを前回作成した地図上に表示することを目指します。

その前に,使うデータを確認。

今回,利用するのは,一般酒に関するデータ。

日本酒には,一般酒,特定名称清酒と2種類ありますが,表示基準による区分で,特定名称清酒は,吟醸酒や本醸造酒が当てはま

もっとみる

GIS習得奮闘記

2018年度の目標にGIS(Geoglaphic Information Systems)をマスターするぞ、と思っておりました。これが以外に手間取りました。4月から右往左往していて、やっと最近、課題は山積みですが、後は、わからない時に調べれば何とかなりそう、という感じになりました。いやあ、自主学習って、あっちつまずき、こっちつまずきですよね。その経緯をまとめてみようと思います。先生がいたり、シラバ

もっとみる

日本酒とGIS①

GISの復習を兼ねて,日本酒をテーマに,QGISを触っていこうと考えています。

現実逃避も兼ねてるので,文章は支離滅裂かもしれませんけども,メモ書き程度に。

日本全体のデータは,「国土数値情報 ダウンロードサービス」の行政区域情報を利用します。

http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/

日本酒に関するデータは,国税局HPから利用します。

https://www.nta.g

もっとみる

巨大な地理データセットを良い感じに可視化してくれる Uber 製 OSS がすごい

こんにちは、SmartDrive でプロダクトマネージャー兼フロントエンドエンジニアをやっているヌノカワです。

この記事は SmartDrive Advent Calendar 2018 の14日目です。

前職では GIS (地理情報システム) ソフトウェアのベンダーで働いていたので、地理情報系のデータ可視化や分析が得意だったりします。あとフロントエンドが好きなので、過去に JavaScrip

もっとみる