ITパスポート試験③

試験は,京都市内の人材能力開発会社のビルで開催されました。
地下鉄の駅を降りてすぐ,かつ偶然会社のサテライトオフィスの数軒隣のビルだったので定期券が使用できてラッキー。
9時30分からの試験開始に先立ち,早めに会場入り。
試験日は日曜日なので,ビルの出入り口が人の気配が無く「本当にあっているのだろうか?」と不安になりながら出入口の扉を開けてエレベータで指定の階へ。
エレベータを降りたらITパスポー

もっとみる

ITパスポート試験②

勉強は,職場近くのスターバックスコーヒーで取り組みました。
いつもより早く家を出て,仕事前のコーヒータイムを兼ねての試験勉強。
店を出る際にレシート提示+100円でおかわりを貰ってコーヒーを携えて出勤。また,このタイミングでおかわりを貰わずとも,仕事終了後に家に帰る前に同じくスタバに寄って朝のおかわりを貰って勉強。
元々,ほぼ毎日コーヒーを飲んでいた私としてはコストパフォーマンスの高い勉強場所の確

もっとみる

【勉強】ITパスポート合格

本日、ITパスポートの試験でした。ITパスポートはPCで受験することもあり、試験終了後すぐに採点され、結果を閲覧することができます(合格証書は後日発送されます)。採点結果画面を見たところ、無事に合格できるスコアでした!無駄に受験料を払いたくないので一発合格して良かったです。

1 受験のきっかけ

 受験のきっかけは次のようなところです。
・時間に余裕のあるうちに何か自己研鑽として勉強をしようと思

もっとみる
ありがとうございます。
2

何者でも無いもの≠無業者と無職者とシゴトの狭間 自由≒不自由 生きている事の価値

#私の仕事

仕事とは

とはいえ実の所、私は無業者と呼ばれる部類に入る。

ところが、日本人は特にそうなのかもしれないが、仕事をしているかどうか、で人間かそうでないかが決まる。
無職である、ということはすなわちそれだけで仲間外れということなのである。

しかも、働く、と言った場合には「就労」のみが労働ということである、という風潮がある。
その根拠は発達障害やひきこもりの支援にせよ、生活保護の出口

もっとみる

ER図の1対多とは【超基本】

情報技術者試験の勉強をしています。

E-R図の”1対多”が出てきた時点でよくわからんかったのでメモ

●E-R図とは

Entity-Relationship Diagram・・・実体(entity)と関連(relationship)を図にしたもの。

●キーについて

主キー・・・1行を特定できる列データ

複合キー・・・複数列を使って主キーの役割となる列

外部キー・・・別表の主キーを参照す

もっとみる

Iパス受験記

ITパスポート、いわゆるIパスというものの試験を9/29に受けてきました。

勉強を始めた頃はITのこと何もわからない状態で就職したら困るだろうなぁみたいな気持ちで、試験を受ける予定もなく、ただ入門の勉強としてIパスの内容を学習していました。ちなみに就活で業界をITに絞ったころからぼちぼちと勉強していました。

Iパスの試験を受けると決めたのは就活が終わりかけの頃かな?どの会社も基本情報技術者の取

もっとみる
嬉しいです(*^◇^) ありがとうございます!
10

ITパスポート受験記録

こんにちは、re(@dtryp)です。今回は9月末に受験したITパスポートの記録です。

まずITパスポートとは何なのか知らない方も多いと思うので紹介したいと思います。

ITパスポートとは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

具体的には、新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)や新しい手法(アジャイ

もっとみる
今後もよろしくお願いします。
1

【ITパス勉強記録3週目】
ひたすらアプリで演習

ありがとうございます。

【勉強】資格勉強のメリット

現在、資格、というほど立派なものではないですが、ITパスポートの勉強をしています。少し前は、使わない資格をとっても意味がないよなぁ等と思い、資格勉強はほとんどしていませんでした。ですが最近は、いくつか気を付ければ、資格勉強はメリットが結構あるかも、と考えています。

メリット1 勉強の動機付けになる

 漫然と生活するよりも、勉強して、常に色んな知識のインプット・アウトプットを繰り返した方が、自分

もっとみる
ありがとうございます。
5

【ITパス勉強記録2週目】
9/20(残34日) p.199
9/21(残33日)テキスト読了
9/22(残32日)休み
9/23(残31日)アプリで演習
9/24(残30日)アプリで演習
9/25(残29日)アプリで演習
9/26(残28日)アプリで演習

ありがとうございます。