sexpistols

ジョジョ&鬼太郎感想置き場34

ドーモ、三宅つのです。タイトルどおりの空間です。マガジン化してもいます。どちらも面白いので視聴をおすすめします。

前回はここです。 

土日月と旅行で留守でしたので、今回は遅れました。noteプレミアムに入れば記事の予約投稿が可能になり安心ですが、旅先からでも投稿はできるのでやってみました。実況とかはできませんが、なんとかなりますね。とはいえしばらく遠出はしないと思います。つのは基本的に出不精で

もっとみる

Rockとの出会い

昨日初めて投稿して『スキ』をつけていただいたりしてびっくりしております。

元々はあえて知り合いとかにも告知せず、自己満のために始めたのですが、もっと人に読んでもらえる文章を意識して書かないといけないと感じております(。 。;)

そして2日目にして既に何を書いていいのかよくわからなくなってきたので、また自己満で自分が音楽にハマるようになったRockとの出会いについてツラツラ書きたいと思います!

もっとみる

ユナイテッド・キングダム

俺は今、DEATH SIDEのライブのためにイギリスへ旅立つ前々日にこれを書いている。

PUNKSとして、もう35年ぐらい生きている俺にとって、イギリスという国には特別な思いがある。

おそらく世界にパンクというものが無い時代に、世界の至る所で自然発生した音楽があり、たまたま名付けたのか呼ばれたのかどうか、PUNKというもが出てきた。

ムーブメントとしてはイギリスだよな?

イギー・ポップなん

もっとみる

「ひねくれ者でいこう」

自分に対しても、同年代の人に対してもだけど、もっと

「なぜ?」を考えられない人が多いんじゃないかな。

多くの人は与えられた情報を真正面から受け止めすぎてるなと。

色んな角度から情報を見るっていう考えを持ってないし、物事を俯瞰できないから

テレビや新聞等々のメディア、SNSにいるブランディングがクソなよくわからない影響力ある風の奴が

嘘ばっかりいってることに気づけない。

数年前にあった北

もっとみる

人生を決定する音楽

俺が「PUNK」という音楽に出会ったのは、小学校も終わるぐらいのときに、地元のとなりにある街に住んでいた先輩がバンドでデビューすると言う話を聞き、地元のちょっとでも悪いやつらの間では、聴かなければいけないような雰囲気になっていたバンドがあった。それがANARACHYというバンドだ。

直接は知らない先輩だったが、中学に入ると地元の先輩や不良達はこぞってANARACHYを聴き始めた。世の中は横浜銀蝿

もっとみる

現代におけるパンクとは~ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンスを観て

昨年12/28から公開の映画「ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス」を観ました。セックス・ピストルズと共にパンクロックが勃興した1970年代から今日まで、そのまさに根底のカウンターカルチャーを軸に、今日まで第一線で尖り続けてきたデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッド。その彼女へのインタビューを軸としたドキュメンタリー映画です。

映画を観て、現代におけるパンクの意味の変化、そして重要性

もっとみる

【聖杯戦争候補作】God Save The Queen

夜。自分の部屋で頭を抱え、その少年は悩んでいた。甚だ悩んでいた。

金髪をオールバックにし、眉毛はなく、カミソリのように鋭い目つき。長ランにボンタン。明らかに不良だ。ケンカをすれば、相手が大人数でない限り負け知らずの彼であったが、今回の事態はそういう次元の話ではない。

聖杯戦争。英霊を使役して殺し合い、何でも願いを叶えてくれる聖杯を獲得するための魔術的闘争である。魔術師でもない彼に降り掛かった突

もっとみる

グレン・マトロック インタビュー

2018年9月に最新ソロ・アルバム『グッド・トゥ・ゴー』を発表したグレン・マトロック。言うまでもなくセックス・ピストルズのオリジナル・ベーシストであり、"アナーキー・イン・ザ・UK"、"ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン"、"プリティー・ヴェイカント"というロック史上に残る名曲の作者でもある。そんな偉大な人物が、新作のプロモーションで単身ふらりと来日するとのことで、貴重なインタビューの機会を得ました。た

もっとみる

【8月31日の夜に①】人生は結局、復讐みたいなものだから。

※毎日更新のコラム、81日目。この投稿は、ハッシュタグ企画「8月31日の夜に」のエントリー作品です。当作品は2部構成を予定しています。今回の第1部では、十代の当事者に対するメッセージ、後日執筆予定の第2部では、僕がこのメッセージを発するに至ったバックグラウンドについて語りたいと思っています。《閲覧留意事項》なお、当作品には一部、大人・親・先生・学校などを否定するような過激な表現がありますが、学校で

もっとみる

サマソニ日記 復刻版シリーズ(10)2008年

過去に記録したフジロック、サマソニの日記を復刻させるシリーズです。
観たアーティストとひとこと感想。

(1日目)

☆Perfume
どんだけ男の雄叫びすごいのか、あとあの「3人揃ってPerfumeデス☆」
が一度は観てみたかったので。開演40分前くらいからダンスステージにいたけど、もんのすごい人。一番後ろのほうでいいかなあと思っていたけど、後ろからめっちゃ押されてなだれ込んだため、気づ

もっとみる