超ショートショート集 「嘘」11編

11
ノート

#1「嘘という光」

ヒカリの嘘は見破ることが出来ない―。 彼は悟ったかのごとくどこか遠くの空を見つめていた。 ...

#2「深い友達」

夏草が僕に問いかけた。夏草に僕も話しかける。緑が覆いつくしているこの地球で―。 「長い長...

#3「家庭内出家」

吾輩は、出家を考えていた。 出家するのであれば家を捨てた方が良い―。 が、本当の修行は家...

#4「心の海」

彼女の声が海に届く時―。 彼はいつも幸せな気持ちになった。 ココロはそれを愛と呼んでいる...

#5「雲の水」

運命の水―。偶然の雲―。 雲の水は目に見えないが、確かに存在する―。 その男はこの世界を...

#6「底なし天才沼」

「〇〇を探しているのはお主なのか」 この世界の最長老が尋ねた。 「はい、私です」 青年は...

#7「日誌の声」

くだらない星の間に生まれた星は―。 日誌をつけるその手が震えていた。 「もうあと何回くだ...

#8「アイデアのゴミ処理」

アイデアは東から昇り西に沈んでいく―。 地球人はゴミの処理に困っている。自分たちの生み出...

#9「分別する詩」

神のお告げを分別する―。 神様はこの世界には存在しない。 存在するのは生きとし生けるもの...

#10「何を考える人」

その人は何も考えていないという―。 次から次へと新しい何かを発見していく人間は、古いもの...