見出し画像

世にも奇妙な物語に迷い込む

2013年の瀬戸内芸術祭の島旅。青春18きっぷで名古屋から高松へ。

高松を拠点に、初日に女木島、2日目は男木島、3日目には讃岐うどんツアーと3日間を過ごして、豊島で島泊。

どこまでも続く、青。。。

画像31


豊島では初の民泊(一般のお宅に泊まること)をして、4日目の朝、名古屋コーチンのタマゴを収穫&採れたてタマゴのタマゴかけご飯を体験。

画像3

ふたりでこんな立派なお部屋に宿泊。お母さん曰く、5~8名くらい充分泊まれるので、ぜひ大勢でどうぞ、とのこと。

朝ごはんも食べてホッと一息。
お母さんから、レンタカーを勧められました。

向かいのガソリンスタンドで借りれば、破格だとのこと。確か、半日2,000円くらいだったような。。。(うろ覚え)。お母さんがガソリンスタンドに話をしに行く間、私たちは近所のアートスポットを観に行くことに。

今回は、豊島でのアート&摩訶不思議体験の写真&絵日記です。


横尾ワールド全開!~豊島横尾館


最初に向かったのは、「豊島横尾館」。現代アーティストの横尾忠則さんの美術館です。オットが横尾ファンで、今までにも何度か横尾さんの展示には足を運んだのですが、さすがこの美術館は横尾ワールドの集大成!という感じでした。

画像4

豊島横尾館は建物もオシャレ!!
壁面ガラスにユニークな加工が施されていました。

画像5

ほら、こんな風に3D写真みたいに撮れるの!

画像7


アートなカフェでひと休み~イル ヴェント


次に向かったのがここ、イル ヴェント。

ドイツのアーティスト、トビアス・レーベルガーが空き家を改装してつくった 「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」というアート作品の中にオープンしたカフェ。

画像11

今回の旅も撮影は宮田雄平


入り口からアート♡エッシャーみたい。

画像7


キャッシャーや階段も幾何学的すぎて、目が回る~~。

画像8

名物のミルクプリンをいただきました。

画像9

お茶を飲む空間もアート。

画像10


空に近い場所へ


民泊したYさん宅に戻ると、向かいのガソリンスタンドにレンタカーが用意されていました。いわゆるライトバン。破格なのもナットク。

画像12

だって、窓をぐるぐる回して開けるやつなんだもん(笑)

えーと、今の若い人はご存じないんではないかしら?
昔の車は、窓が開くのも鍵をかけるのも、電動じゃなかったのですよ。

鍵も今みたいにピピッと一回で全部かかったりはしなかったし。窓を全部手でロックしてから、運転席ドアに鍵を指してガチャガチャやってかけていたのだ。

そんなポンコツ(→シツレー(笑))車ですが、フツーに走る走る。そして、豊島の最高峰・檀山の展望台へ。

画像13

画像14

到着!ココは暑かった。こんなとこ車じゃないと来られな~~い!!

画像15

360度のパノラマ。

本当に絶景!確かにエーゲ海に負けてません!(笑)

画像16

左端、棚田の隣の白い建物は、今では豊島のシンボルとなった豊島美術館。


港近くの豊島の集落まで見渡せます。

画像17

この日は先客がおひとりだけ。

真っ赤なシャツの男性が、展望台に無言でぶら下がっていました。付近には車も自転車もなし。どうやって来たかも、なぜぶら下がってるかも謎!と思っていたけど。

普段は壇山、トレッキングなどに訪れる方も多いそうですね!しかしなぜぶら下がってたかは、謎のまま!(笑)

画像18

いつまで見ていても飽きない絶景だったけど、暑かったので早々に退散。


海に浮かぶ場所


次に向かうのは、壇山に並ぶ絶景スポット・壇山岡崎公園です。

山頂近くのパワースポット・豊玉姫宮に参拝。古事記に登場する女神「豊玉姫」をまつる神社で、豊島の名前の元にもなっているのだそうです。安産・縁結び・家内安全のご利益があります。

画像19


到底自転車では登れない山道を通って、誰もいない東屋で二人きり。

画像21

これもまた絶景かな。

画像22

このままお昼寝した~い!!という感じでした。これは是非行って、体感していただきたいものです。

画像23

壇山から豊島、瀬戸内を見渡す絶景をバックに。涼しい♡

ココでお菓子を食べたのが本日のお昼ごはん。朝たくさん食べたからよかったけどねぇ。島で食事にありつくのは、なかなかに大変。


けもの道を行く


来た道と反対の降り口を行くと、そこは軽自動車がやっと通れるだけの道。

「本当にこの道でいいんだよね?」

画像23

この道って・・・けもの道だよ!

しかも、どんどん道は細くなって行き。。。
向かいから車が来ても、すれ違えない!
もし道が間違ってても、絶対バックできない!

画像24

道はこれよりどんどん危険になって行くのでした。

両脇がほぼ崖だったのです。
もう怖くて怖くて写真どころじゃなかったよ~。

ちょうど車輪の部分だけ雑草が生えてないので、車が通った道ではあるはず!!・・・・と信じて進む。

ほとんど、崖っぷち。まるで私たちの人生みたい。わはは。→笑えない。

画像2

しかも、この壇山付近にはところどころに案内板があって、その通りに行くのですが、何度か同じ場所に出てしまう。

なんで??おかしくない?単純に道に迷ってるだけ?

画像28

へんな石像が怖さを誘う。
右のはもしや千葉にいるネズミ?(笑)

「なんか『世にも奇妙な物語』みたいだね。このまんま、この山から出られなかったりして」
「ホントだね」
わはは。→笑えないって!

それでも、少しずつ外側に出たようで、どうにか無事に下界に帰還。


車を返すときに、道に迷った話をすると、車の持ち主のおじさん、開口一番笑いながら

「そりゃそうだよな、俺たちだって迷うんだから

だって・・・よく無事だったよね、私達・・・・


さて、豊島の旅のお話は、実はまだまだ続きます。
あんまり長くなっちゃったので、今回はここまで。


写真は宮田雄平。(本人の写真以外)


旅の続きはこちらからどうぞ(10/9更新予定)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

きっとあなたにいいことあります☆
30

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

旅日記

旅に関する記事のまとめ。コスタリカ、函館、ホーチミン、瀬戸内など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。