デジタル・ディシプリン

昨年、日本でも話題になった世界的ベストセラー『一流の頭脳』の著者の最新作「Skärmhjärnan(スクリーン脳)」がスウェーデンで発売されたので早速読んでみた。デジタルデバイスと脳との間で何がおこっているのか?
大人への、さらに子供の将来への影響は?対応策は?

スマホ中毒を心配したり不眠や不安、抑うつなどの心身の不調の原因を疑う人はもちろん、集中力を高めたり、より能力を発揮したい人にも必読の書

私たちの関心と時間が巨額の冨をうむ

『一流の頭脳』の著者、アンダース・ハンセンの最新作「Skärmhjärnen (スクリーン脳)」は、私達はどうスマートフォンとつきあっていけばいいのかを考えさせてくれる本だ。

スマホやアプリは洗練された方法で、私たちの注意をひき、多くの時間を費やさせることに成功している。その興味や関心、費やした時間は巨額の金となり、デバイスやサービスの提供者に流れ込む。

利益が絡む以上、提供者側はますます洗練された方法で私たちを包囲するだろうし、われわれユーザーが自主的に行動を変えない限りは、脳はデジタルデバイスの生み出すジャンクなデジタルカロリーを求めることを止めない。

そして、その行動が私たちにどのような影響を及ぼすのかは、まだわかっていないことが多い。長い飢餓の時代をくぐり抜けてきた脳が、甘い物やお酒、必要のないカロリーを求めることをやめない仕組みと肥満や成人病との関連性も、最初からわかっていたとは言えない。

若者の睡眠障害が500%増えた

世界13カ国で出版された『一流の頭脳』著者として、またTEDをはじめとする人気の講演者としても活躍するハンセンは、現在も診療の現場で精神科医として働いている。

スマホは私たちの生活に入り込んできてから日が浅く(たかだか10年程)確かな関連性を指摘する研究結果はまだでていないものの、彼は睡眠障害、不安、ストレスに悩まされる人(特に若者)が増え続けるのは、スマホの使用によるところが大きいと考えざるをえない状況を目の当たりにする。

今日、大人の多くは一日平均3時間、若者は一日に4,5時間スマホの小さなスクリーンを見つめている。起きている間中、10分に一度はスマホをチェックし、一日に2600回ほどデバイスを触る。一方、睡眠障害で診察に訪れる若者はここ数年で500%増えた。

スマホが与える影響について、現在手に入る研究結果は2013年から2014年ぐらいにかけて始まった日の浅いもので、同時に我々がスマホに費やす時間も年々加速しているため、スマホやタブレット端末の使用が、今後私たち大人や子供にどういう影響を与えていくのか、現時点ではっきりと示せることはそれほど多くない。

スマホをチェックせずにはいられない脳のしくみ

ただ、今の段階でも言えることはいくつかある。「スマホは集中力と睡眠を阻害する」というのもその一つ。それには、まず、我々はどうしてデジタルデバイスから離れられないのかを理解する必要がある。

スマホ、そしてSNSのチェックをやめられないのは、私たちの祖先が食料の確保と危険の回避という2つの大きな問題に対応するため、長い時間をかけて適合してきた脳のメカニズムによるところが大きい。

報酬系とよばれる神経伝達物質ドーパミンは、快感物質として知っている人も多いと思うが、実はドーパミンの一番大切な仕事は我々の注意を何にむけるか、その決定を促すことだ。

ドーパミンは、例えば、食べ物を実際に食べているときではなく、食べ物が目にはいった瞬間に一番多く分泌される。ようは、目的が達成されるかされないかが不確かな時にもっとも多く分泌され、目的に集中するように促すのが役割だ。(実際、食べている最中に分泌され幸福感を与えるのはエンドルフィンだ。)

これは例えば、木の上に果物が実っているかどうかわからないときにも、木登りの行動を促すためにつくられたメカニズムではないかといわれている。確実ではなくても骨折りを惜しまず、食べ物や他の有益な情報を探しに行くこと自体に報酬がなければ、生き残る確率も低くなるからだ。

スマホやSNSに埋め込まれているのは、この不確実なできごと(ファイスブックのいいねや、好きな人からのメッセージなど)を求めて、新着情報を常にチェックせずにはいられないという枠組みである。

使っても使わなくても集中力をそぐスマホ

このように常に新しい情報を求め続けることにより、ひとつのことに集中できない原因をつくるスマホは、使用だけではなく、その存在だけでも集中力を妨げる。

新しいニュース、出来事を常にチェックすることはドーパミンを分泌させる魅力に満ちた行為だ。でも、スマホ中毒気味な自分にうんざりして、スマホをチェックしないと決めても、スマホを物理的にも意識的にもしめださないかぎりは、私たちはまだスマホにコントロールされたままだ。

スクリーンをみるという行為をとっていなくても、無意識下で、ドーパミンの報酬をえるためスマホをチェックしたい脳と、チェックしないと決めた意思がずっと戦い続ける状態になってしまう。常にスマホをチェックしたいという衝動を抑えるために、脳は働きつづける。

アメリカの大学生を対象とした実験で、スマホを教室に持ち込まなかった組と、ポケットの中にいれて持ち込んだ組で集中力を試すテストを実施したところ、前者の組がよい結果をだした。持ち込まれたスマホはポケットから一度も出されなかったにもかかわらずである。

不眠の敵はブルーライトだけではない

睡眠の問題に関しても、同様のことが起こっている。ブルーライトの影響に関しては、近年さかんに報道されているので寝る前はあまりスマホをみないように注意しはじめた人も多いかと思う。でも問題はそれだけではなく、スマホはおそらく上記と同じ流れで、枕元においておくだけでも私たちの脳をみだし、それが不眠へとつながるのではないかとハンセンはみている。

彼は不眠に悩む人はスマホを寝室から追い出して、昔ながらの目覚まし時計を買うことをすすめていて、はやくもこの本や彼の出演したTV番組の影響で時計を新しく買う人もでてきた。

SNSの罠、子供への影響、脳の未来

本はこの他にも、フェイスブックの幹部などの発言を集め、SNSがどのように脳のドーパミン・トリガーを活用して、私たちがアプリなしでは暮らせなくなるようにしてきたか?の恐ろしい話をまとめたり、おそらく今、世界中の多くの親が悩んでいるだろう子供のデジタルデバイスの使用をどう考えればいいかについても詳しく書かれている。

最近のスウェーデンの調査によると、1歳にならない赤ちゃんの四分の一がインターネットを使っていて、2歳児の半分以上は毎日ネットにつながっているそうだ。これは2017年の状況なので今はもっと増えているだろう。

学校の授業でも積極的にタブレットを導入しているところも多いスウェーデンだが、その影響を考えながら注意深く使っていった方がいいというのがハンセンの意見だ。ただ、スマホの教室への持ち込みは集中力、ひいては記憶力や学習能力を低下させるので、すぐにやめるべきだと言っている。

グーグルやウィキペディアがあるから記憶することは将来必要なくなるという意見の人もでてきた世の中だが、デジタルデバイスを一日中身につけることで、集中力が低下し、またSNSで他人との比較を一日中続けることで気分がすぐれないことが続けば、子供や若者の未来はどうなっていくのだろう?

デジタルデバイスの世紀を生き抜くアドバイス

巻末には、デジタルデバイスの世紀を生きていくためのアドバイスがまとめられている。先程書いた目覚まし時計を買いましょうというものその一つだが、『一流の頭脳』でも繰り返し強調された、運動がもたらす脳へのよい効果についても再度まとめられている。

私がとりいれてみたのは、SNSはスマホではなくパソコンでチェックすることや、スマホの画面を白黒にすること。(魅力にかけ、ドーパミンの分泌が減ってどこまでもスクロールしていく気をなくさせる。)

食べ物も情報もなんでもすぐに手に入るようになったが、かさばるだけで栄養の偏ったジャンクなものもあふれている。デジタルライフに関するディシプリンを、自分で決めて実行するよい契機をこの本は与えてくれる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Tack!
9

スウェーデンのノンフィクション

日本でも人気の北欧ミステリーですが、今売れている『ファクトフルネス』のように、スウェーデンのノンフィクションにも素晴らしい本はたくさんあります。その中からとっておきの本を紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。