ほぺまゆ@バルセロナ

スペイン在住のホペイロ(エキップメント)⚽️×ブロガー。 大企業を辞めて単身スペインへ。スペイン語英語ゼロでバルセロナのサッカーチームに1人で乗り込み、マネジメント活動中。 ブログ:https://jopelog.com/
固定されたノート

スペインサッカー留学を安い費用で実現する方法【一般的な留学斡旋会社の半額以下!】

(2019年6月9日新章)

こんにちは!スペイン・バルセロナのサッカーチームでホペイロ(用具係)として活動中のMayu(@Jope_Mayu)です。

早速ですが、海外サッカー留学に興味があるというあなた、

「自分の実力がどのくらい海外で通じるか、一度試してみたい」
「俺のサッカー理論で勝負すれば、海外のチーム相手でもいい戦いができるはずだ!」

という思いが頭から離れないのではないでしょうか

もっとみる

外国人と会話をしたいとき、あなたはどうする?

あなたは外国人とコミュニケーションをとりたいときどうするだろうか?

つたない英語を使ってみる?

翻訳アプリを使ってみる?

通訳の人にお願いしてみる?

どのくらいのレベルのコミュニケーションを求めるのか、どんなシチュエーションにいるのか、といった事象によって異なるとは思うが、少なくともビジネスレベルであれば通訳の人を介してコミュニケーションをとるのではないだろうか。

先日わたしは日本人サッ

もっとみる

サッカーで活躍する子を育てるには?

今シーズンわたしは13〜14歳の子どもたちのチームを中心に見てきた。

昨年8月のプレシーズンに始まり、毎週ある練習や試合、合宿なんかにも帯同してきたわけだが、子どもというのは人それぞれ特徴があって実におもしろい。

チームの監督であれば子どもたち1人1人だけでなく、サッカーの戦術や技術なんかにも目を向けなければならないが、わたしの仕事はいうなればチーム管理みたいなものなので、選手やコーチの心の部

もっとみる

発信するのをやめたくなりました

もう発信するのやめちゃおうかな……

悲しいことにこんな風に思うことがありました。

先日ツイッターでこんなツイートをしたのですが、

色んな反響を頂きました。共感してくださる方もたくさん、学びにしてくれる方も。その中で否定的な意見に加えて、そんな言い方しなくても……と思うようなコメントもありました。

このツイートには続きというか伝えたい部分がさらにあって、

これらのツイートの背景や想いという

もっとみる

どん底からの這い上がり力

先週の金曜日、1人の選手が練習中にケガをして倒れた。

寝っ転がった状態で頭を抱え、苦しみながら今にも泣きそうな状態だった。

他の選手やコーチはみんな彼の元へ駆け寄る。彼の様子をみる限り、ちょっとした捻挫で済むものではなく、これから長い戦いの始まりを予感させるものであった。

大人2人に抱えられ、トレーナーの元へ運ばれてグラウンドの端ですぐに診てもらう。彼は一向に苦しみ泣き散らす状態から変わらな

もっとみる

ラテンの愛情表現から学んだもの

「ラテン系の男性は日本人と比べて圧倒的に愛情表現が多い」

これはよく言われていることである。おそらく日本人と比べるとラテン系男性だけでなく、アメリカ人など外国人は全般的に愛情表現をすることが多いのではないだろうか。

その中でも特にスペイン語を中心としたラテン語圏の人たちには顕著にみられる。

彼らにとって愛情表現をするということはそれほど特別なわけではなく、日常の一部として染みついたものなのだ

もっとみる