日曜日限定の魯肉飯屋さんがほっこり素敵で優しい美味しさだったよ!@曳舟 帆帆魯肉飯

曳舟に日曜日のランチにしか
営業していない激ウマな
魯肉飯屋さんがあると
聞いて行ってきました。

帆帆魯肉飯はhalahelu(ハラヘル)
というシェアカフェを日曜日だけ
借りて営業しています。

halahelu(ハラヘル)
下町人情キラキラ橘商店街
の路地をちょっと
入ったところにあります。

じょいっこが行った時は
店の前でみんなでけん玉を
楽しんでいました。

都会では見ない下町の風景に
なんだかほっこり。

店内は古い建物を可愛く
リノベーションしてあって、
うっとり。
女子はみんな魅了
されるんじゃないかな?


「こんにちは〜」
一歩店に入るとお店の人が
優しく話しかけてくれます。

「お好きな席のかけください」
あ、この人いい人だ!
二言話しただけですぐに
わかりました。
いいオーラが出ているんです。

メニューは
基本魯肉飯と飲み物のみ。
シンプル。

こちらが魯肉飯セット
850円です!

料理が運ばれてきた途端
八角の香りがほんのりしましたが
そんなに強くは効かせていない感じ。

ごはんの下までスープが
染み込んでいます。
優しいお味です。

お肉は程よく脂が乗っていて
味がよく染み込んでいます。

隅っこに麵筋の煮物みたい
なものが添えてあって
それもなんだか嬉しい。

スープは週替りなのですが、
この日は豚肉と搾菜のスープ。
焦がし大蒜が効いて
いいアクセントに。

最後は、残ったごはんに
スープをかけて食べたら
エキゾチックスープごはんに。

ふ~~!
美味しかった!
満足満足。


その後、せっかくなので
曳舟の町をぶらぶらと散策。

昔ながらの店の間に
新しいお店もちらほらあって
楽しかったです。

「結局、南京玉すだれって
なんなの?」
「シーっ!
それは聞いちゃだめ。
匿名でヤフー知恵袋
に出しなさい」

曳舟は正直ちょっと遠くて
大変だったのですが、
たまにはこうやって足を伸ばすのも
いいものですね。


心にさざなみがたつ。
穏やかだった心の海に
不規則な波が
揺らめくようになった。
船はどこへたどり着くのか。
そのゴールは
誰も知らない。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

おかね ください お問い合わせはgoogleフォームからお願いします https://forms.gle/t4oP3u82qpHpv6wN9

ナマステ~☆彡
22

じょいっこ

あなたの左心室に体育座りしています

スパイス難民活動記録

カレー!スパイス!世界の料理! 愛のポエム付き
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。