汐田海平(SHIOTA Kaihei)

映画と広告| 医師への道からエスケープし、映画評論を学んだのちにフリーランスを経て会社設立。|エイゾーラボ株式会社取締役| MOTIONGALLERY STUDIO | 映画やカルチャーの豊かさ⇄ビジネスの良い関係を構築中。https://twitter.com/kaiheijp

「この世界のどこかにいるあなたを、きっと見つけ出す」が共感の本質になった

ぼくたちは子どもの頃から、人に共感してもらえるように発言しなさいとか、共感を呼ぶ文章を書きなさいって教わってきたけど、SNSの登場で「共感」への態度が大きく変わったと感じる。

これまで「目の前のみんなに伝えなきゃ」って態度が正しいと思われていたものから、「この世界のどこかにいるあなたを、きっと見つけ出す」が共感の本質になった。

SNSで共感もロングテールになったことで、ニッチと思われるようなこ

もっとみる

世の中から無邪気さや素朴さが目減りしていくことに抵抗する

「幸せになるにはいい大学に行った方がいい」
「ダイエットには炭水化物は取らないのがいい」
「込み入った話はメールより電話がいい」

そういった”常識”のネットワークによって構成されるのが社会だとする。

まだ常識ネットワークに編み込まれていない素朴な価値観を提示した個人には、すぐに反論や罵詈雑言が飛んでくる。ほとんどの個人がインターネットに常時接続されてるようになってから、よりいっそう飛んでくる。

もっとみる

難解だなんて嘘!5分でわかる『アンダー・ザ・シルバーレイク』

ズルいかなとは思ったのですが、正直に白状すると、『アンダー・ザ・シルバーレイク』は5分でわかるというような類の映画ではありません。
あえて言うなら、この映画を捉えるために必要な時間はぴったり140分です。
でも、この映画を楽しむためのを「5分でわかる」というタイトルに込めたつもりですので、その意味を考えながら読んで頂けますと幸いでございます。

《騙し絵を、動かした。》
動く騙し絵のような映画でし

もっとみる

「表現者が政治的立場を表明しないことで生まれるふたつのリスク」の話。

テイラー・スウィフトが先日Instagramの投稿の中で、自らの政治的な想いを表明した。これまで、彼女の「政治に無関心」な面は良くない見方をされることがあったが、今回の投稿には、すごい数の「いいね」が集まっている。

表現者が政治的な立場を表明するということはどういう意味合いがあるのか、改めて考えた。

政治的な立場を表明することで、理想とする世界が見える

シンプルに考えると、表現者にとって、政

もっとみる

〈ぼくたちの夢にはいつも、才能の壁よりも先に、現実という壁が立ち塞がる〉-『かぐや姫の物語』

高畑勲監督は、常に人間らしさを大人な視点で描き続けてきた。

なかでも、遺作となってしまった『かぐや姫の物語』は示唆に溢れた最高傑作のひとつだと思う。

今は昔、1000年以上前に書かれたとされる日本最古の物語『竹取物語』をベースに、現代的なテーマを強く提示している。

なぜ『かぐや姫の物語』が大人な視点で、現代的なのか。

主人公・姫は月の世界の住人だ。姫はいつも、月から地球を眺め、強い憧れを抱

もっとみる