見出し画像

桃笑う春【二十四節気・啓蟄】

寒暖の差はあるにしても、いつの間にか日は長くなり、暖かい日差しの中に、春の訪れを感じられるようになってきました。

さて、二月某日。取材のご依頼を頂き、インタビューを受けてきました。

「香道とは何か?」という基本的なところから、私がお香を始めたきっかけや、「正座はマストではない」、「香会に酒宴はつきもの」など、意外と知られていない香道の歴史などについて、数分で読める充実した内容の記事となっていますので、ぜひ御覧くださいませ。

二十四節気「啓蟄」とは?

二十四節気「啓蟄(けいちつ)」とは、土の中で冬ごもりをしていた虫達が、暖かい春を迎えて地上に姿を現す様子を表現しています。

2019年の「啓蟄」は3/6から、次の「春分」は3/21です。

「啓蟄」の内の七十二候

【初候】蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)3/5〜3/9頃
越冬のために地中に潜って冬ごもりしていた虫が、暖かい春の訪れと共に地上に出る様子。冬支度を始める様子を表した秋の七十二候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」と対になっています。

【次候】桃始笑(ももはじめてさく)3/10〜3/14頃
桃の花が咲き始める様子を表しています。現代は新暦のため、3/3の雛祭りの時期はまだ咲き始めですが、旧暦三月三日の上巳の節句は、今より一ヶ月ほど遅れて訪れるので、ちょうど桃の花が見頃の時期にあたります。
桃は古来から邪気を払うとされ、長寿や不老不死の思想と結び付けられることの多い植物です。

上巳の節句には水辺で禊を行う習慣があり、そこから日本では川上から盃を流して通り過ぎる前に詩を作る「曲水の宴」になったという説があります。この「曲水の宴」にちなんだ組香として、「曲水香」という、盤物と呼ばれるボードゲームのような道具を使って香りを聞き当てる遊びがあります。盤には、桃の花を模した立て花飾りを挿して飾ります。

【末候】菜虫化蝶(なむしちょうとなる) 3/15~3/19頃
菜物の葉を食べる幼虫が成長して羽化し、蝶となる様子。いよいよ暖かくなると見かける蝶は、春の訪れの象徴として、春を表す季語にもなっています。

このマガジンをフォローしておくと、無料で二十四節気に合わせた季節のお便りが届きます。四季の香りを楽しみください。

次回「春分」は3/21頃にお届けする予定です。どうぞお楽しみに。

madoka 拝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご高覧ありがとうございます!頂いたサポートは、お香(香道)に関する活動や調査・文献資料等、お香に活かせる経験知識を提供してくれる職人・クリエイターへのサポートに用います。

Thanks!
9

madoka(香人)

香人。香道研究家。東京を拠点に訪日外国政府要人や美術関係者・文化人、職人向け香会の香元、香道レクチャー、異分野コラボ等。年に1〜2回、初心者歓迎・正座なしの本格的な香道体験会を開催。 E-mail:kohdo@hotmail.com Twitter:@madoka_kohdo

【季節のお便り】二十四節気の香りで四季を楽しむ

忙しい日常の中でも季節の移ろいを楽しむための無料マガジン。 古くから用いられる季節の暦、二十四節気と七十二候に合わせて、季節ごとのお手紙が届きます。香人によるお香(香道)ならではの視点や雑学もあり。四季の行事や節句などに合わせた号外も時々発行します。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。