kawasemi787

雑誌出版社の出身です。ぼちぼち気になることを書いていこうと思います。

『LEE』vs.『VERY』 女性誌の状況。

出版不況の中、特に女性誌の売れ行きが低迷していますが、その中で、奮闘している雑誌が光文社『VERY』と、集英社『LEE』。2004年に『VERY』の編集長になった相沢正人さんが仕掛けた言葉「シロガネーゼ」「公園デビュー」が有名です。(実売数のデータがないため売れ行きは不明。)

その後、現在の編集長である今尾朝子さんが大活躍。相沢さんのころの専業主婦向けとは違い、働く主婦・ママを読者ターゲットと捉

もっとみる

ライターを目指すなら、得意の専門分野と知識は必須!

物を書くのが好きな人はたくさんいますが、ズバリ!商業ライターを目指すには絶対に欠かせないものがあります。専門分野とその知識です。

商業ライターの役目は、読者に何らかのアクションを起こしてもらうこと。そのために記事を書くわけです。

ライターの作業は、大まかにいうと、1.企画立案。2.取材。3.執筆。

企画の立案は、読者は何を必要としているかという読者ニーズを捉え、それを読者にものの見事に伝達す

もっとみる

2016年の出版(紙・電子)状況と出版社によるネットメディアの展望。

出版業界に携わり、評論家、翻訳家でもある小田光雄さんの『出版・読書メモランダム』からのデータです。

■出版物推定販売金額 - 出版科学研究所よりの推定
雑誌
1997年  1兆5644億円
2016年    7,339億円 約47%
書籍
1997年  1兆730億円
2016年   7,370億円  約68%

書籍は、紙のコミックス。雑誌は、コミック誌を含んでいると思います。
※雑誌には広告

もっとみる

Don't think, Feel. 言葉の壁。

3月からnoteを始めて1ケ月になります。他のみなさんの記事も拝読させてもらいながら、自分でも気づいていないことはまだまだ多いなと実感しているのですが、それらの記事で最も印象に残った記事は、makicoo さんの書かれた『キースジャレット「マイファニーバレンタイン」/いいコンテンツはなかなか言語化できないということ』。

自分はもともと音楽のプロを目指していたためかどうかはわかりませんが、音を言葉

もっとみる

自然美なのに幻想的。花のマクロ写真は艶麗。

大阪の花博公園にある『咲くやこの花館』は、年中、熱帯地域や高山地方のいろんな国の花が咲いてます。湿度が高いエリアはカメラのレンズがすぐに曇り、温度が低い高山エリアだとカメラが冷たくなって、急激な温度変化で壊れてしまいそうです。

ところで、花の撮影には欠かせないマクロレンズ。ほんとは三脚で写すんですが、館内のため手持ち撮影。花のしべにピントがなかなか合わないのが難点。手が震える~。

これは、熱帯

もっとみる