見出し画像

美術館おさめ。

森美術館で開催中の「カタストロフと美術のちから展」に行ってきました。

今年最後の美術館。

この展示、かなりよかったです。
一つひとつちゃんと見てたら2時間あっても足りないくらいでした。

「カタストロフ」が「大惨事」という意味をもつ通り、大惨事のを目の前にしたときに制作されたさまざまな作品が展示されています。

ひとつめに印象的だったのは、パレスチナ出身ハレド・ホウラニさんの「パレスチナのピカソ」という映像作品。
パレスチナでピカソの作品を展示することの困難さが色々なところに見られました。
念入りな国境の視察や自治政府への交渉は、その地域の危険さや住民の置かれている状況がそのまま映し出されているようでした。
実現させたアーティストが、「前にピカソの作品を見たとき、パレスチナも絵を見に来る場所にできるのではないかと思った。」というようなことを笑顔で語っている様子を見て、希望を持つっていいなぁと思いました。

もうひとつは、ポーランド出身のミロスワフ・バウカさんの「石鹸の通路」。
第二次世界大戦時にホロコーストによってユダヤ人の多くが犠牲になったポーランド出身である作家さんにとって、石鹸というものはとても大切だとありました。
それは、彼らにとって、石鹸というのは新生児と死者に用いられる、生と死を象徴するものだからだそうです。
ガス室に送り込まれるときにユダヤ人は石鹸を手渡されたというのがキャプションに書いてありました。
そんなのこわすぎる。かなしすぎる。
歴史をちゃんと知ろうと思いました。

あとは、講演会の様子を収録したものが興味深くてずっと聴き入ってしまいました。
詳しく書き出したらきりがないから作品についてはこのへんにしておきます。

(ちなみに、表紙写真はオノ・ヨーコさんの作品で、未来に向けて希望や愛の詰まった言葉をわたしたちが書いていく作品なんだけど、書いてることが外れすぎている人が多くてちょっと残念)

今回の展示、作品も良かったし森美術館の館長の南條史生さんの言葉とか、セクションの冒頭にある言葉もすごく好きだった。

最後にすきだったところ貼っておきます。


#日記 #森美術館 #美術館 #art #カタストロフ #moriartmuseum #絵画 #映像 #オノヨーコ




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう( ¨̮ )いい一日にしましょーう。
4

rina

大学生🐮文章を書く場所が欲しくてnoteをはじめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。