齋藤健太郎

2000年頃からデジタル界隈で生計を立てている人。主な生息地は横浜と銀座。基本的に日々を楽しく過ごしたい人です。 2003年にビジネス・アーキテクツ社へ参画、2011年からネットイヤーグループ社に在籍。企業のビジネスをデジタルで何とかして盛り立てるお仕事。

上司から「デジタルマーケティングを強化せよ」と言われたときにやるべきこと

先に断っておきますが、本質的な意味で「デジタルマーケティングを強化するため」には、経営レイヤでの意思決定と推進が不可欠なので、タイトルのようなことを上司から言われたら、「まずは経営陣がその方策を示すべき」と返すのが至極真っ当なド正論の回答になります。

が、そうも言ってはいられない場合、または、自分自身がマネジメント側の人間だとするのであれば、こういう風に進めて行くのが良い、ということを本稿では書

もっとみる

CX経営において最も大切なこと

CX経営という言葉をチラホラと耳にするようになりましたが、果たしてはこれは何なのでしょうか。

「デジタルマーケティング」以上に、曖昧な言葉として流通しているように感じます。バズワードになりつつある「CX=顧客体験」という言葉から派生して、経営戦略にその概念を注入する、というところまでは想像できるのですが、具体的にどういうことなのか考えてみようと思います。

と言いながら、いきなり答え的なことを書

もっとみる

近況報告

ご無沙汰しております。

前回の記事が2018年7月末ですので、約1年間ノートから離れていました。特に深い意味はないのですが、なんとなく遠ざかっていました。書きたいことがいったんなくなった、ということが大きいかな、と思います。

では、今回書く気になったのは、何かすごく書きたいことができたのかというと、そうでもないのですが(おい)、文章を書くこと自体は嫌いではないので、ふと思い立って書いてみること

もっとみる

続・ドラクエ10を食わず嫌いな人に向けたテキスト

以前書いたドラクエ10の記事が予想外に読んでいただけたので、その波に乗って続編を書いてみよう、と思った訳ではなく、むしろ読まれ過ぎて(当社比)、何を期待されているのか分からなくなってビクビクしながら書いています。

読み返すと、前回の記事が2018年3月でバージョン4.1の頃でした。その後、順調にバージョンが進み、2019年6月現在、バージョン4はメインストーリーとしては完結し、エピローグなどを収

もっとみる

デジタルマーケティングとは人と人を繋いでハッピーにすること

ビジネスにおいて、「デジタルマーケティング」または「デジマ」という言葉がある程度定着してきましたが、その一方で、具体的に何をすることなのかは、その言葉を発する人によって異なることが多いと思います。

さらに言えば、発信者自身がよく分からずに口にしている可能性もあります。

そういう曖昧さの中で流通している言葉なので、その定義を詳細に・誤りのないように説明しようとすると、かなりの勇気と熱意を持って臨

もっとみる

見える風景を変える

仕事にしても何にしても、毎日を過ごすということは、生きることに他ならない訳です。

仕事とプライベート、あるいは、オンとオフ、などと別々のもののように語られたり、考えられたりすることが多いですが、人生という括りの中ではどちらも同じ時間の中にあります。

どちらもが貴重な時間を消費して行われる行為であり、どちらが重要かどうかという議論は不毛ですし、どちらか一方を犠牲にするべきでもありません。もちろん

もっとみる