見出し画像

人の心を掴む

部下や後輩のモチベーションを高め、パフォーマンスを高めるために必要なことは、いかに心をつかみ、上司や先輩が「憧れられる」存在になれるかだと思います。

先日上海で、ある中国人の経営者と教育について話をしました。ちなみにこの方は日本に留学、大学卒業後日本企業で働いていました。

その経営者曰く、「日本からの駐在者は、中国人のマネジメントがうまいか下手かのどちらかである」とのこと。

うまい人の特徴は、

・責任をしっかり取ってくれる
・中国や中国人を下に見ていない
・有言実行
・まず当人自身が頑張っている
・中国人の友だちを作っている

であるとの意見で我々は一致しました。

話をしていて改めて、子どもたちの教育でも、日本での部下指導でも同じことだなと思いました。

人種や年齢は関係ないということですね。

「人を変える前にまずは自分が変わる」

私にも経験がありますが、部下や後輩は細かいところまで見ています。

まずは、相手に興味を持ち、心を掴むこと。そして、憧れられる存在になる努力をすること。

全世界で共通する、人材育成の肝となる部分だと思っています。

ポールスターコミュニケーションズホームページ
http://www.pole-star.me/

ポールスターコミュニケーションズFBページ
https://www.facebook.com/polestar.jp/

YouTubeポールスターチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCk0JehB1SdGKxDRkap1Zh1w

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

北宏志(きたこうじ)

人材育成に関わるセミナー・研修講師、中国ビジネスアドバイザー。人材育成・組織開発や現地での経験を活かした中国ビジネスが専門。株式会社ポールスターコミュニケーションズ代表取締役。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。