松尾翼 Matsuo Tsubasa

1989年京都生まれ。「#日常の制服 」を展開するファッションレーベル『Ithe(イザ)』セールス・PR。2019年からエッセイスト、ライターとしても活動を始めます。 ご依頼は m2.aowi[at]http://gmail.com までお願いします。
固定されたノート

高価なものを買い揃えはじめたとき、僕は歳をとったんだと気づいた

もうすぐ30歳になる

僕にとってはとてつもなく長かったように思えるし、とは言っても思い出せることもそれほど多くないから、案外短かったのかもしれない。

世間で30歳と言えばわりにしっかり大人のことを指す。地元に住む友人のほとんどはすでに家を買って子どもを育てているし、「それだけは絶対にないだろう」とたかをくくっていたにも関わらず、だらしのない妹がついにこの春結婚して実家を出ることになった。

もっとみる

デンマークで生まれる端正なシャツ、NOWHAWとスタイリスト私物、BASERANGEのリブワンピース、Porter ClassicとBLOOM&BRANCH、ミニマルなシルバーブレスレット...2019.7.17(47)

『服と暮らし』は月額課金制のオンライン雑誌です。配信は毎週金曜日。日々お店に足を運んだり、ウェブを使って情報収集する中で見つけた「暮らしにまつわる良いもの」を紹介しています。

僕にとっての「良いもの」とは、「これまで100年生き残ったもの」と「これから100年生き残るであろうもの」のこと。

できるだけフラットにそう思えるもの、人々に受け入れられつつあるものを意識的に選んでいます。

また、『服

もっとみる

オーラリーのCPOシャツ、サンフランシスコ製の3パックT、身の回りの素材を使って暮らしの道具を作る造形作家、モノクロの陶芸家...2019.7.12(46)

『服と暮らし』は月額課金制のオンライン雑誌です。配信は毎週金曜日。日々お店に足を運んだり、ウェブを使って情報収集する中で見つけた「暮らしにまつわる良いもの」を紹介しています。

僕にとっての「良いもの」とは、「これまで100年生き残ったもの」と「これから100年生き残るであろうもの」のこと。

できるだけフラットにそう思えるもの、人々に受け入れられつつあるものを意識的に選んでいます。

また、『服

もっとみる

レショップのオリジナルレーベル〈エルイー〉がスタート、ハイネック×ゆったりとしたシャツのスタイリング、シャツとパーカーのクロスオーバー、99Xシリーズの最新モデル、ビッグニットベスト...2019.7.5(45)

『服と暮らし』は月額課金制のオンライン雑誌です。配信は毎週金曜日。日々お店に足を運んだり、ウェブを使って情報収集する中で見つけた「暮らしにまつわる良いもの」を紹介しています。

僕にとっての「良いもの」とは、「これまで100年生き残ったもの」と「これから100年生き残るであろうもの」のこと。

できるだけフラットにそう思えるもの、人々に受け入れられつつあるものを意識的に選んでいます。

また、『服

もっとみる

季節を楽しむ料理のように 素材から始まる服、シャツ生地のダブルジャケット、技術の粋が集められたメイドインUSAのサンダル、和装にも洋装にもマッチする扇子...2019.6.28(44)

『服と暮らし』は月額課金制のオンライン雑誌です。配信は毎週金曜日。日々お店に足を運んだり、ウェブを使って情報収集する中で見つけた「暮らしにまつわる良いもの」を紹介しています。

僕にとっての「良いもの」とは、「これまで100年生き残ったもの」と「これから100年生き残るであろうもの」のこと。

できるだけフラットにそう思えるもの、人々に受け入れられつつあるものを意識的に選んでいます。

また、『服

もっとみる

〈オーラリー〉の名作Tシャツ、リネンかシルクか、素材にこだわるロンドンブランド、T/Cカツラギのセットアップ、「アノニマスシャツ」のアップデート、青森ヒバのヒバチップ詰め放題...2019.6.21(43)

「 『服と暮らし』は月額課金制のオンライン雑誌です。配信は毎週金曜日。日々お店に足を運んだり、ウェブを使って情報収集する中で見つけた「暮らしにまつわる良いもの」を紹介しています。

僕にとっての「良いもの」とは、「これまで100年生き残ったもの」と「これから100年生き残るであろうもの」のこと。

できるだけフラットにそう思えるもの、人々に受け入れられつつあるものを意識的に選んでいます。

また、

もっとみる