見出し画像

ひとを赦す、という30年の物語で私は救われる。映画『We are X』

『We are X』を観に行った。かれこれ四半世紀もXファンでいることに(そして自分がそんなにトシをとったことにw)我ながらびっくりだが、この映画でここまで救われることになるとは思わずそれも驚いた。結成から30年にわたる光と陰、そして壮大なる「赦し」の物語だった、と私は感じている。

脱退したTAIJI。YOSHIKIは彼を解雇した理由を語らなかった。亡くなったHIDE。YOSHIKIは首のストレッチをしていたのだと主張した。すべてを見守るPATAのやさしい目、あくまで主張しすぎないHEATHとSUGIZO。何よりも幼稚園時代からYOSHIKIともに過ごしていたボーカルのTOSHI。洗脳という言葉は、正直いって今の彼らにはタブーであると思っていた。しかし物語の序盤からわりとカジュアルに語られるのだよね。当時の、今の彼らが“おかしくなっていた”と言うフィルムも流された。でも、新しく撮られたフィルムの中で談笑するYOSHIKIとTOSHIが語るのは少年時代の思い出なのだよね。Xができるずうっと前の。TOSHIが人間性を侮辱されたあの言葉が出てこなくて、本当によかった。Xを好きな誰もにとって、あれは悲しすぎる言葉だから。そして、もういないTAIJIやHIDEの尊厳が守られて、ほんとうによかった。彼らがあれこれと詮索されることは、悲しすぎることだから。これらはYOSHIKIの優しさによって、徹底的に守られていたのだと思う。ファンはそれによって守られる。センセーショナルな切り口を作って、人々の興味を煽ることはいくらでもできたと思う。でも、どこまでも正直で優しく、張り詰めるような気遣いに満ちたストーリーだった。

成功という光の反対側に、抗うすべもなくできた闇は本当にしんどかったと思う。想像するだに胸が詰まる。でも、こうしたことを乗り越えて今があって、日本だけでなくアメリカでも「We are X」と叫んでいる人がいる。私は本当に嬉しかった。

たくさんの人を赦しながら、YOSHIKIは人生をかけて、自殺したお父さんを赦したのだろうな。その旅はまだ続いているのかもしれないけれど。目先の感情に振り回された日もあったのだろう、それでもどう自分の人生を生きるか。どう、自分を取り巻くひとたちの思いに応えるか。死や心の傷と向き合ってきたYOSHIKIだからできる、ほんとうの優しさに満ちている作品だと思った。

激しい作品だった、メロディーも内容も。それでも私は確かに癒やしを得た。闇の真ん中に立ち尽くしているような日々が続いていたけれども、おのれのベストを尽くして、彼が言うとおり死ぬ間際に「やることはやった」と言えるように生きていきたいと思えた。ありがとう。ファンでよかった。X Japanというバンドが存在してくれて、同じ時代に生きることができて、ほんとうによかった。「We are X」と、Xをとりまく人たちのなかに私を入れてくれてありがとう。私は人を赦せるだろうか。赦したいと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。サポートをいただきました折には、ブログやTwitterで公開している日々の占いを充実させるための勉強に使わせていただきたく思います。

ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
9

真木あかり

占い師の真木あかりです。四柱推命、占星術、タロット、風水、九星気学などで鑑定・執筆を行っています。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定もLINE占いアプリにて承っています。著書『悪魔の誕生日事典』(宝島社)等、好評発売中です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。