プロダクトマネージャー(PdM) について考える時に 何度も読み返したnote達

私が名乗っている「プロジェクトデザイナー」のアップデートを行うために、最も近い職種ではないか?と感じている「プロダクトマネージャー(PdM)」についての理解を深めています。

先日投稿した「プロダクトマネージャー(PdM)の職責の考察」

その中で、プロダクトマネージャーとは何か?その職責は何か?を考えるときに参考になったnoteのリストを記事化しておきます。

これもディスカッションのテーマの1つにしたいと考えています。何故、このようなことをやるのか?についてはこちら「自分が議論したい事 or 伝えたい人物をイメージしてnoteを沢山書くと、良いサイクルが生まれる話。」にまとめてあります。

さて本題。

:::::::::::

エンジニアからPMに転換した際にハマったこと・感じたこと

プロダクトマネージャーにはジョブチェンジでなる人が多いという認識です。その文脈において、参考になる示唆がたくさんありました。またnoteの中で引用している@kyosu_keさんのHatena Blogの記事も是非

::::::

私の考えるプロダクトマネジメントとUXデザインの関係

UXの視点を取り入れての話ですが、
・UXデザインはマインドセット
・UXデザインと何かを掛け合わせることができる
・デザイナー以外の方は、UXデザインをインストールしませんか?
がとても共感できる視点です。

::::::

デザインスキルについて研究してみた

スキルをどう定義付けていくのか?についてのnote。このプロセスはとても参考になります。最後には評価にまで言及しています。この視点はとても参考になります。

::::::

なぜモダンなプロダクトチームによるリーンなプロダクト開発が必要なのか

このnoteを読んで「Leanなプロダクト開発」、これは取り入れなければならない、消化して自分のものにしないと行けない。そしてチームを運用しないといけない。という認識にさせてくれます。私も何度も読み返しています、

----

Photo by AbsolutVision on Unsplash

:::::::

noteは年300記事程度の更新頻度。
「プランナー&デザイナーの思考、考え方」「リーダー育成」「新規事業開発」「プロジェクトマネジメント」「プロジェクトファシリテーション」を中心に書いていきます。興味のある方、是非フォローして最新記事を受け取って頂ければ幸いです。



このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

年300記事程書いています。がんばります。
9

考えるための大事な視点・考力

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。