見出し画像

196/1096 手放せそうにない執着

吾輩は怠け者である。
しかしこの怠け者は、毎日何かを継続できる自分になりたいと夢見てしまった。夢見てしまったからには、そう夢見る己を幸せにしようと決めた。3年間・1096日の毎日投稿を自分に誓って、今日で196日。

(この毎日投稿では、まず初めに「怠け者が『毎日投稿』に挑戦する」にあたって、日々の心境の変化をレポートしています。そのあと点線の下から「本日の話題」が入っているので、レポートを読みたくないお方は、点線まで飛ばしておくんなましね。)

196日目、タイトルの数字がなんか揃ってるな~と思ったら、残りがぴったり900日となった日だ!小さく嬉しい。

今日は一日中、ネットで執筆用の使いやすい縦書きのエディターを探していて見つからず、体力も気力も時間もかなり失われた状態で書き始めている。
しつこく発熱も収まらずに調子が悪い。けれど、書かないと気分が悪いままだから、書くことが逆にヒーリングのように思える。

ほんじゃ、今日も書くぞ~!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数週間前、娘が親類の集まりに顔を出して帰ってきたらば、義父の手作りの金属で作られた知恵の輪を持ってきた。義父が作り方を本などで見て作成したのだそうだ。これを誰も解けなかったからママやってみて!というのだ。

わたしは早速手にとってみた。それを外すのは一見不可能に見える。しかし、じっと眺めてみると、自分がちょっと不思議なモードに入った。
別々のパーツを離れたものとして見て、もし柔らかかったら?という可能性とともに、そこにある空間が詰まっていることを見た。考えると言うより、『見ている』モードだったのだ。

すると、出口があるのがわかった。わたしは頭の中で起きたことをそのまま起こせばいいのだと考えてカチャカチャっといじってみた。すると、知恵の輪はあっさり解けてしまった。娘はとても喜んだ。

しばらくすると、娘がまた違う知恵の輪を持ってきた。これは、義父の作ったものの中で最も難易度の高いもので、これも、親類が集まったときはもちろん、学校でも誰も解けなかったからまたママがやってみて!!という。

娘はワクワクしながらこちらを見ている。うわ~これは解いて喜ばせてあげたいなと思った。

ひとつの金属の輪Aの中にもうひとつ輪状の金属Bが通されている。輪状の金属Bは左右が大きな洋ナシ型になっていて、中心はとても短い鎖になっている。その鎖部分に輪Aが通っている。輪Aの直径が洋ナシ型の部分より小さいため、これを通すことはやはり一見不可能に見える。というか、見た感じ絶対に無理そうだ。わたしは軽いプレッシャーと共に、あのモードを思い出してみた。

硬い金属は、ぐにゃりと曲がってヒュルっと通る。そう、頭の中では・・!
だから、ただ一部が硬いだけだ・・・通しにくいだけだ、必ず外れるものなのだから・・・・と思いながらただ「不可能そうだ」という印象を捨ててただそのものを眺めていると、またやり方がわかった。
カチャカチャとそのとおりにしようといじってみると、中心の輪はまたもやポロリと外れた。娘はマンマ・ミーア!!と飛び上がって喜んでくれた。わたしもとても嬉しかった。わたしはここぞとばかりに、ママすごいなあ~と自画自賛した。秘行は知恵の輪を解くのにも役立つなんて・・!

夜になって帰ってきた夫に、これ、外せると思う?と聞いてみた。すると、見た感じがあまりに外せそうにないので最初からやる気がなく、少しいじったあとぎゅうぎゅう力を込めて外そうとしてすぐに諦めた。わたしが外してみせると、彼はまるでマジックでも見たような顔をした。

知恵の輪は、解けるものだと知っていて、そういう目で見ればこそ答えが見つかる。けれど、そう思って見ないかぎりは、とても解こうとすら思えないものだ。わたしだって、知恵の輪だと知らなければ外すことが不可能なものにしか見えなかっただろう。わたしは今日このことを考えていて、心のこともこれに似ているな・・・!と思った。

わたしたちに、強い後悔や悲しみや望みなどの執着があるとき、それがわたしたちの心を飲み込んでしまって、とてもそれを手放せるとは感じられないことがある。一見とても不可能に思えてしまう。わたしにも、そんな経験がある。

わたしが二人目の子供を望んでいたときがそうだった。わたしは現在のイタリア人の夫と再婚した当初、とてもとても赤ちゃんが欲しかった。これが初婚の夫にも、彼の子供と出会わせてあげたかった。

叶わぬまま時間がたつにつれ、日毎に増していく焦りとさまざまな後悔に苛まれ、心にムチを打って藁にもすがる思いで希望的観測をし続けた。もしかしたら、もしかしたら来月には、と思い続けることで精神力を大量に消費していた。

諦めたいと願っても、それもすんなりとはいかず、諦めることでなにか大切な可能性を丸潰しにするような恐れや、自分の切なる願いを溝に捨てて見て見ぬふりをするような罪悪感が伴って、ギロチンでスポンと切り落とすようにはいかなかった。ジリジリと石で潰し切るようにしながら、ようやく望みのほとんどが切り離されていった。生涯で、これほどに絶望したことはあまりなかったように思う。

わたしは、今そのことで苦しんではいない。でもそれは、無理矢理に諦めたから、ではないのだ。わたしは、子供ができたら嬉しい、という気持ちをまだほんのり持っている。以前の記事で書いた通り、その気持に暖かな居場所を与えて、その気持ちがある自分を「いいじゃん!」と思うようになってから、不思議なことに「できなくてもまた本当にそれが良いことだ」という感覚がうまれ、執着が消えたのた。できてもよし、できないもよし、というニュートラルな状態で、それらの真ん中にいる。これはわたしが妊娠を狂おしく望んでいたころ、喉から手が出るほどにほしかった感覚だ。

わたしがその執着に対し、飲み込まれていることをやめて『自分で取り扱えるものとして見た』ことではじめて手放せたのだ。

妊娠しなくてもハツラツと生きている自分、というのは、妊娠を切望していた頃のわたしには、とても手に入るものとは思えなかった。赤ちゃんを望む気持ちは、永遠のものに思えた。それはまさに、最難関の知恵の輪と同じだった。外れて解けるなんて、不可能にしか見えないのだ。

でもその感覚に対し、『これも扱えるもので、外れることがありうるものなんだ』と知っていると、それを持っていることに余裕が生まれる。
だからこそ、その感情を落ち着いて感じていられるし、居場所を与えることもできる。自分が飲み込まれているのではなくて、こちらがそれを取り扱うことができるのだと、ちゃんと知っていること。その観点にあることが大事なのだと思う。

いつまでも同じ感情が張り付いているときは、その感情に負けてしまっている。それはわたしたちが弱いからではなくて、そこにすっぽり飲み込まれていて、とても解けそうにないと思ってしまっているだけだ。
わたしにはとても無理です・・・!と弱い子ぶりっこしてもダメなのだ。本当に誰しも、ちゃんと抜けられるのだ。

どんなに自分を支配している執着でも、それは「解け得るもの」だと知っておこう!そこにある以上は、追い出すことも消すこともできない。だから、歓迎するつもりでこちらから出迎える。満足したところで自然と去っていくものだから、それまでは自分の一部とお付き合いして眺めてみよう!

不妊に限らず、結婚を叶えたい思いや、失恋したあの人への未練も、実行しなかったことへの後悔も、ひどいことをしてしまったという罪悪感も、もう絶対に変化し得ないように見えるものだって、変わるものなのだ。
ただ、それが自分自身ではないと知り、そにあることをこちらから許して共にあれば。。
いや~そんな難しいこと、わたしにはとてもとても・・・という人も、ちゃ~んとやれるから、大丈夫だ。いかにも「絶対に不可能そう」に見えているだけなのだ(ホント

というわけで今日は、手放せない執着などないと知っていよう、知らないでいると支配されたままだけれど、知っているだけで解けるものに見えますよ!というお話であった!

それではまた、明日!

※こうした意識の仕組みを知ることが好きな人、扱う方法を知って人生を楽しみたい人、執着や思い込みを外すことを本格的に習得したい人、人間の驚異的な側面を知りたい人、それを教えることで生きてみたい人、ぜひ九宮秘行のワークショップでお会いしましょう。

それではまた、明日。

【九宮秘行のワークショップ開始のお知らせ】

わたしと清蓮さんの直接指導のワークショップがスタートします!
自分の本質を知り、枠を超えて人生を歩みたい人へ。
自分の可能性を探求し、本来の望みを体現しましょう!

九宮秘行(きゅうきゅうひぎょう)とは、人間の「九つの進化の段階」を探求する9日間のワークショップ。「自分」という枠を超越するプロセスを体験します。見、観、空観のクラスを終えたあとの師範クラスでは、九宮秘行の核となる領域を学びます。免許皆伝後は九宮秘行のワークショップをご自身で開催することができます。

道家茅山上清派や様々な流派の数々の秘儀秘術の本格的な修行を経験してこられた清蓮さんとわたしとで一緒に「身体・意識」それぞれの面から練りあげたワークを、ひとつひとつ進んでいただきます。師範クラスでは、師範の養成と免許皆伝を行います。ご自身の探求とともに、人間の可能性に驚く純粋な体験のできる場です。
どなたでもゼロから参加でき、師範としての活躍を目指すことができます!一緒に九宮秘行を伝えていきませんか。

・瞳の純粋さを思い出す
・人生に遊び心を取り戻す
・自分で自分に贈り物を与えられるようになる
・人前で安心して存在できるようになる
・深い呼吸のできる体になる
・自分自身や他者、 世界についての思い込みから自由になる
・生きている間に魂存在としての自分を思い出す
・ひとつのものが全てであって、全てがひとつであるという感覚を体験する
・神通力を開く

などの効果が期待できます!ワクワクした方は、ぜひ!!詳しくは九宮秘行のホームページをご覧ください。

【一緒に自分の枠を超えましょう!夏のイベントのお知らせ】

身体のアルケミストであり、多くの求道者たちへの指導経験を持つ清蓮くんとの『枠を越えて』いくためのトークライブ&ワーク伝授を行います。

その名も、『秘行×神聖幾何調身法』
〜ワクワクが枠枠になっていないかい?〜

2時間のトークライブのあと、1時間のワーク伝授があります。

早期割引(4月30日まで)を適用しています。
みなさまに実際にお目にかかれるのを楽しみにしています。
 
お申込みはこちら↓
(お申込みが増え、大きな会場に変更することとなりました!(東京都内を予定しています)ありがとうございます!!まだお申込できます!)

twitterもぜひフォローしてね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

毎日無料で書いておりますが、お布施を送っていただくと本当に喜びます。愛と感謝の念を送りつけます。(笑)

スキこそ書くエネルギー、シェアこそは命の糧です、ありがとう!
96

壇珠【タンジュ】(ミユ)

イタリアに居住。30歳から意識の学びと研究を続け、2012年に秘行瞑想を考案。奇妙な人生を綴った「義理歩兵自伝」を執筆後、ワークショップや講演を行う。秘行コースを運営するほか、オンラインサロン『女塾』塾長を務める。HIKAKINさんとBTSと猫と音楽が好き!!

【毎日投稿】三年計画・結婚の誓い

わたしはわたしを愛することを誓います! というわけで始まった、恐ろしいミッション。 何も続かない飽き性の自分を倒すため、「毎日投稿縛り」で書いています。 詳しくはこちらをご覧ください。 https://note.mu/michiemiyu/n/n3193e8a427df
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。