企業がデータ活用するときに考えること

データ活用」という言葉が流行り始めたのがいつからか知らないが、
数年前には「ビッグデータ」というワードが誕生し、
テクノロジーの進歩によって、これまでのデータ活用では処理できなかった大量のデータも扱えるようになった。

実際、いくつかの企業は、自社の保有するデータを解析して新たな価値を創出することに成功している。


一方で、まだまだほとんどの企業では、データを上手く活かしきれていないのが事実だ。

「データは持っているけれど何もしていない
「データ収集・解析に多額の投資をしているが効果が出ているかは怪しい
「そもそもデータを収集できていない


そもそも、「データ活用が出来ていないこと」自体は問題ではない。

まず何らか目的があって、そのための最適な意思決定をするために、手段のひとつとしてデータ活用がある。
「データ活用が出来ていない点がうちの問題だから」「他社がやっているから」「顧客データを持っているから」等は、データ活用をする理由にはならない。

スタートである目的が曖昧なままだと、どんなデータをどうやって集めて、どう分析すればいいのかが分からず、
ただ大量のデータを抱えて途方に暮れてしまう。


データ活用の目的として考えられるものをいくつか挙げてみよう。

①新商品・新サービスの立案

「データを分析さえすれば新しい何かが見えてくるだろう」と、データ活用に幻想を抱いている場合に口にしがちだと思う。
だが、マーケティングリサーチによって顧客の潜在ニーズを抽出するのは至難の業だ。

なぜなら、人は見たことのないものを欲しいとは思わないからである。

この続きをみるには

この続き:1,584文字/画像1枚

企業がデータ活用するときに考えること

大坪 誠|Otsubo Makoto

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただけるだけで嬉しいですが、もし読んで何か感じてくださったら、スキ・コメント・SNSシェア等してもらえるともっと嬉しいです!

嬉しい~
14

ビジネス論

組織に属する人向けの記事が多いです。主に自分が仕事をする中で感じたことをまとめています。
4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。