masa@MR,BRAIN

1992年ごろから広告業界で何とか食べてきてます。 グラフィックデザイナーと言う肩書きも、色々な変化を経て広告ディレクターなどと自称していますが、ようはフリーランスで広告代理店のようなことをしています。

デザイン制作の視点

◼️デザインを見る上で必要な3つの視点

デザインを製作する上で主観で見るだけではゴール(校了)に近づかない事は多くあります。それでは何が足りないのか?という部分を分解して考察していきましょう。

まずデザインと言うのは目的があって製作されます。その目的は主に情報を伝え、印象付けていくという事なんですが、仕事として依頼された場合に対象を絞っていく必要があります。デザイナーはプロであり、あらゆる面で

もっとみる

01 向日葵

向日葵

空に浮かんだ大きな向日葵は

雲さえ蒸発させてしまいそうな日差しで僕らを照らす

これ以上無いくらいに黒く地面に染み込んだ二人の影は

境界線がわからないくらいに混じり合って重なり合っていた

カラカラに乾いた世界が求めるように体中で汗をかきながら

それでも僕らは一緒に歩き一緒に過ごした

君の笑顔は僕のもう一つの向日葵だった

今僕の腕の中にいる小さな向日葵

これから二人でまた新し

もっとみる

クリエイターの待遇や社会的地位向上について考える

クリエイターの待遇や地位の向上って最近やたら眼にするように成ったのは、自分がその方向に動いてるから目にとまるように成っただけなのか?
それともTwitter等SNSのおかげで本当に広がってきてるのか?

海外ではたしかにイラストレーターやデザイナーという仕事はそれなりの地位を確立しているし、デスクワーカーの中では待遇も悪い方ではないと聞きます。このへんは私の友人や仕事仲間の欧米デザイナー複数人共通

もっとみる

根本的なブランド戦略と企業のブランド化について

企業は独自性やその品質の担保であったりイメージによる印象付けなど様々な方法で生き残りを画策しなければならない時代と成りました。
そんな中、近年よく耳にするように成ってきた「企業のブランド化」と言う言葉

■そもそもブランドってなんだ?

ではブランドとは何だろうか?と言う辺りを掘り下げてみたい。
ブランドにはいくつかの象徴的アイテムが存在していて、名称であったりロゴマークであったり色であったり画像

もっとみる

リッチブラックと墨ベタと4ベタの違い

■リッチブラック
C:60%(40%でも可とされる場合あり)
M:40%
Y:40%
K:100%
合計 220~240%

黒を深みのある、透け感のないしっかりとした発色にする為使われます。
4色をすべて使うため色は濃くなってキレイですが、同じ箇所に4版使う(4色4回印刷する)ため「版ずれ」「見当ずれ」と呼ばれる現象を起こす可能性があり、最悪色の境界線にずれた版(色)の線がうっすら出たりします。

もっとみる

目標達成の条件:夢を叶えるための最低限の準備

目標を叶えるために絶対必要なこと

体力と老いと情熱と欲求について考えた

よく昔から年をとると無欲に成ると言うけれどアレは何故なのか?
知見を得て悟りに近い状態なのか?
もしくは人生の時間が短くなるにつけて諦め始めるのか?

悟りを開くほど勤勉に学んでいる人なんてそうそういないし、そもそも大部分の人間は終わりが近づくほどもがいて見る生き物ではないのだろうか?
少なくとも私はそう思っていて、そう考

もっとみる