なおゆき

林直幸です。BtoBのインターネットサービスでCRMを担当。Salesforce、Marketoのシステム管理者 兼 アナリスト 兼 マーケティングプランナー。身の回りの出来事を図解したり、フレームワークや原理原則に照らして、言語化していきたいと思います。
固定されたノート

ネットフリックスの値上げから考えるサブスクリプションモデルの適切なKPI設定

Netflix、アメリカで10月から値上げになって、近々日本でも値上げになる可能性が高いらしいですね。

Netflixが日本で提供を開始したのは2015年。この年は、Apple Music やAmazonプライムビデオ、AWA や LINE MUSIC が提供を開始し、サブスク元年と呼ばれました。

「所有」から「利用」へ、「商品」から「サービス」へ、「販売」から「月額課金」へ。このビジネスモデ

もっとみる

悪魔のおにぎりのヒットから考える逆転の消費者インサイト

2019年、新年明けましておめでとうございます。昨年は、PayPay、TikTokなど話題になった製品・サービスがたくさんありましたね。

そんな中でも今回取り上げるのがこちら。

(*本当は、年末に2018年の振り返りに書こうと思った記事ですが、風邪を引いてしまい年が明けてしまいました…。ただし、以降は時事性がない普遍的なマーケティング論を書いていこうと思いますのでお付き合いください。)

さて

もっとみる

「正しい」けど「失礼」なひとを殺してはならない。

2週間ほど前のこちらの記事が話題になっていますね。

いくら正しくても、失礼だと敵視され、殺されてしまう。

Twitterでも好意的に拡散したこの記事ですが、私の感想は、「現実はおっしゃる通り」だけど、「こんな組織で働きたくないし、こんな空気をつくるべきでない」です。

本文から引用します。

残念ながら「正しいこと」をそのまま伝えると、「失礼」になることも多い。
・データがこう言っています

もっとみる

ネットフリックスの過去最高の業績から値上げの影響とコンテンツ投資を検証する

米国時間で1/22、ネットフリックスの年次決算が発表されましたね。

内容は、売上・利益・ユーザー数ともに順調に成長。過去最高といってよい業績で株価は右肩上がりです。(この記事を書いている1/29現在、株価はわずか4営業日で21%上昇)

そこで今回は、投資家の目線からNetflixの業績のどこがどのようによいのか、決算発表の内容を考えてみます。

また、昨年10月には、米国で月額料金の値上げがあ

もっとみる

サブスクリプション・CRM担当マーケターにオススメしたい15冊+3冊 #読書バトン

ピースオブケイク CXOの深津さんから始まった「#読書バトン」が盛り上がってますね。私は誰かから指名されたわけではありませんが、面白そうですし、自身の振り返りのためにも参戦してみます。

noteでの私のフォロワーさんは、おかげさまで現在1,126人。そのうち99.9%は、私がサブスクリプションの記事を書き始めてからの方たちです。ですので、今回もこの分野を中心にお伝えしたいと思います。

ただ、紹

もっとみる

サブスクリプションの見える化 (3/3) ―予測をもとに、最終目標を決定する

全3回で連載してきた「サブスクリプションの見える化」シリーズ。
過去2回の記事では、たくさんの反響をいただいています。私自身の発信力はまだまだですが、SNSの力にはおどろいています。シェアしてくださった皆さま、感想をくださった皆さま、本当にありがとうござます。

これまで、私自身がサブスクリプションのビジネスでマーケティングやデータ分析を担当している経験をもとに、以下の3つの目的に合わせて書いてき

もっとみる