書を持ち、部屋へこもろう!

有名な名言の完全に逆に行っていますね・・・昨日のこれと言ってることが違うような気もしますが、それはさておき。

だって花粉が大量に飛散しているんですよ!外へ出るとダメージが大きくて辛い。花粉症ではない人はどうぞ春の暖かい季節を思う存分外で味わい下さい。

うらやましいけど、ここは花粉症の存在は大きいのです。

不要不急の用事やお出かけ以外は出来るだけ部屋にこもって読書にいそしむという手もありだと思います。もちろん甜茶を飲みながら。

この時だからこそ「読書の春」をやってみませんか?

ただ花粉症で目までやられたり、本が埃まみれだとかえって悪化するので要注意!?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご訪問、お読み頂きありがとうございます。 すき(ハートマーク)を押して頂いたり、コメントやSNS等にシェア、サポート頂けると励みになります。サポート、応援頂いた分は必ず、活動する中でみなさんにお返しして行くことが出来ると思います。今後もお付き合いを宜しくお願い致します。

noteレベルが1上がりました!有難うございます!!
5

神屋伸行

詩/エッセイ/徒然 note

徒然に、思い浮かんだことを書き留めています。twitterとは違う感覚で。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。