仕事はカツ丼、育児はラーメン

「仕事と家庭の両立」なんて、こどもを産む前から軽々しく言うもんじゃない。キレイなママも、おしゃれなパパも、日常のほんの一部分を切り取ったニセモノだから。

ママは半泣きで雨の中子どもを迎えにいくし、パパは帰宅後スウェットに着替えて不機嫌にスマホを見ている。
私といえば、家に帰ったら仕事用のスカートが汚れないように脱いで、でも部屋着に着替える余裕がなくて、ストッキング姿でキッチンに立つことすらある。

万事楽しげなママ雑誌では、想像などできるはずもない。
「こんなはずじゃなかったのに」と白目をむく。自分の時間がない毎日に、疲れているのだ。

独身時代は、がむしゃらに仕事をしていた。定時がいつかなんて知らなかったし、パソコンは24時間すぐ側にあった。

仕事と家庭は、どちらも炭水化物だ。
私の場合、例えるならカツ丼大盛りを食べているところに、とんこつラーメンが運ばれてきた感じ。
結婚して妊娠して、「よしカツ丼は並盛にして、デザートも食ーべよ♡」なんて思っていたら、出て来たのはとんこつラーメンだった。なめていた。いや、とんこつラーメンも大好きだけど、カツ丼大盛と一緒に食べたらどっちもきつい。

世の中には、カツ丼をあっけなくやめてとんこつラーメンをさも美味しそうにすすっている人もいる。カツ丼は大盛食べたまま、ラーメンを誰かに食べてもらってる人もいる。子ども4人もいる人なんて、私に言わせればとんこつわんこラーメン。まったくみんな、どうなってんの。どうやって決めているの。

流れに流された今の私は、さしずめ親子丼とうどんという感じ。仕事は時短にして、まあ親子丼くらいの重さ。家庭は子どもの成長とともに楽になったし、きつねうどんくらいじゃないか。

問題があるとすれば、私は親子丼もうどんもそんなに好きじゃないんだ。本当はカツ丼が食べられる自分が好きだし、うどんな私ってどうなの、とんこつラーメンくらい行くべきじゃないの、とか思っている。

#雑記 #育児 #ママ #ひとりごと #暮らし #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

ありのす

私はママだから泣いているんじゃない

ワーママ的な雑記

コメント2件

切れ味バツグンな語り口で楽しく読んでしまいました…。さいごの段落にこめられた気持ちにまた勝手に共感をおぼえてしまい、なんだかスカッとしました!笑
コメントありがとうございます😊 どっちをどのくらい、って難しいですよね… フォローもありがとうございます。私もフォローさせていただきました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。