第98号『中国の方が安くてクオリティが高い』

ゲーム業界でCGグラフィックを制作するアーティストを目指すのであれば、やはり知っておかなければならないのが中国の存在。

現在、世界中で開発されているAAA(トリプルA)タイトルのグラフィックリソースの多くが中国で作られています。

現代の最新ゲームはグラフィックリソースが膨大です。1タイトルで使用されるデータは数万を超えます。物量が半端じゃありません。どこのゲーム開発会社もプリプロダクション(試作段階)で基本的な構造とクオリティラインを決定したら、本開発時に大量な物量制作を中国のCG会社に発注しています。

『コールオブデューティ』も『バトルフィールド』も『グランド・セフト・オート』も、きっとみなさんが知っている大型タイトルの多くがグラフィックリソースを中国に発注しているのです。(ちなみに弊社もそうです)

それを踏まえた上で。

今、学校で勉強している学生のみなさんが制作されているCGは『コールオブデューティ』の背景グラフィックよりもクオリティが高いですか?

『バトルフィールド』よりも良く出来ていますか?

比較するだけ、土台無理な話です。

だからこそ、安易に“キャラクターモデラー”や“BG(背景)モデラー”を目指していけないのです。

ここでも【攻略】を考える必要があります。

では、中国で作られていない・発注されていないグラフィックリソースは何か?ってことを考えましょう。

それは“3Dアニメーション”と“エフェクト”と“UIデザイン”です。

中国のCG会社の特色として、最も得意としている作業は“モデリング制作”です。仕様書やデザインの通りにキャラクターや背景グラフィックを制作することは非常に慣れていますし上手いです。『コールオブデューティ』のグラフィックを作っていますからね。

けど、そんな中国のCG会社にも苦手分野があります。それがアニメーションやエフェクトなどのクリエイティビティが高い作業内容です。

平たく言うと“かっちょいい”を作るのが苦手ってことです。

ゼロからのクリエイティブをお願いするとなかなかかっちょいいデータが上がってきません。何度も繰り返して指示を出して修正してもらってようやく60点って感じです。これだとやっぱり効率が悪いし、発注する意味も薄い感じです。だから中国のCG会社に発注する内容は、写真や仕様書を見てその通りに作れば作業が完結するモデリング制作作業が多いのです。

そういう意味でも、これからゲーム業界でアーティストを目指す人はアニメーションやエフェクトやUIデザインが“狙い目”だってことです。

それともう一つ。

中国の企業が大きく有利なのが【人月単価の安さ】です。

この続きをみるには

この続き:1,197文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り18/ 30

第98号『中国の方が安くてクオリティが高い』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
20

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。