見出し画像

【ベト日記6】社会主義国ベトナムにはカルチャーポリスがいる

ホーチミン、基本的にいい街なのだが、
数少ない不満点のひとつに、「芸術の匂いが乏しいこと」がある。

北のハノイに比べ、南のホーチミンは「商業の街」だからかもしれないが、


しかし、路上で、こんなに、

画像1

こんなに、

画像2


こんなに

画像3

何をしてもいいのに、

どうして誰も、路上弾き語りとか、大道芸とか、似顔絵屋さんとか、やらないんだろう??


…………………………と、ベトナム在住歴の長い日本人にグチったら、

「カルチャーポリスが来るから」

と、予想外の回答を得た。

ぎょっとした。カルチャーポリス??


その日はホーチミンで活躍する日本人画家の方のインタビューをしに行ったのだが、その人も
「ギャラリーには検閲が入る」
と言っていた。
(ただし、予約客だけが入れるクローズドの展示にした場合、それをまぬかれるらしい。)


この話を聞いた時、ベトナムに対するテンションが5度くらい下がってしまった。

と同時に「カルチャーポリス」っていう語にウケてしまった。

カルチャーポリスwwwww中学生がノートに構想してるディストピアSFに出てきそうwwwww

ベトナムというのは世界有数のパクリ国らしい。

コレ、

画像4

はじめ、市場でパチモン見た時は「wwwwww」と思ったが、以後ホンモノのアディダスの店に行ったらマジモンがあって肝が冷えた。

画像5

ベトナムでアディダス、ナイキ、プーマを着てると全部ニセモノに見える。

そんなパクリ文化が浸透してるからだか何だかしらないが、ホーチミン、画廊がたくさんある割に、なんだかどの絵も「パクリ」っぽい。

画像6

ベトナム人はちょっとお金持ちになると家に絵を飾る習慣があり、それ自体はすごくいいと思うんだけど、なんか、こう、グッと来る絵が飾られてることが少ない。


ホーチミンで絵画教室に行ってみたこともあるのだが、なんかダメだった。何がダメかと言うと、「お手本通りに書く」のだ。

お手本。

画像7

わたしの絵。

画像8

お手本通りに書くことに特化しているから、絵の具も必要な色しか支給してもらえないし、先生の指示に遅れずついていくことに精一杯で、全然楽しくない。

ベトナムはとても自由な国(だと思う)のに、なんでアート方面だけこんなにガッチガチなんだろ????

ベトナムにはおしゃれなカフェや、おしゃれな服や、おしゃれな食べ物はたくさんあるから、決して「センス後進国」ではないはずなのに。

……という謎が、カルチャーポリスの存在を知ったことにより、一気に解けた。

カルチャーポリスが存在するから、パクリという安全圏の選択肢に行く人が多くなるのではないか。

「カルチャーポリスがいる」、この一点のみにおいて、「私はベトナムに長居できないな」と確信した。

(もともと長居するつもりはなく2.3年の予定だったが、それを確信した)

私自身、政治的タブーに抵触する芸術を輩出する予定は無いし、日本語で書いてる限り何やっても問題ないのだが、

私がいまだ一度も目にしたことが無い「カルチャーポリス」の存在が、私が毎日目にするホーチミン路上の風景に影響を与えているのは間違いないし、いずれ奴らが私の脳内に行進してくる前に、この国を去らなければならない。

「カルチャーポリス、だっせwwwww」とか言ってられるうちに。



渋澤怜(@RayShibusawa

▼ ● ▲ ▼ ● ▲

おすすめエッセイ https://note.mu/rayshibusawa/m/mb0d4bde3bf84

おすすめ創作 https://note.mu/rayshibusawa/m/m70e04479475e
ベトナムの話 https://note.mu/rayshibusawa/m/m4c9d2d8a3d83

ホーチミンの観光案内・ローカルスポット案内・日本語授業見学承ります https://traveloco.jp/loco/RayShibusawa



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すと、短歌を1首詠みます。 サポートされると4首詠みます。

かばん買う かばんが入るかばんより大きな袋にかばんが入る
18

渋澤怜🏮🐃🦐ベトナムなう

レイシブです✒『言葉で遊んでいる人』📚東大卒→ライター見習→ホーチミンで日本語講師&物書き業なう🗾日本語が好きすぎるので「距離を置いている」🏮ベトナムについてのエッセイ更新中📝他、純文学短編小説など📖自己紹介・おすすめ記事は『プロフィール』から! 📚

ベトナムの話

2018.8~ベトナム・ホーチミンで日本語教師をしています。ベトナムの言語、風俗、気候、国民性などに関する気付きを書いています。

コメント1件

はじめまして。
僅か数ヶ月間ホーチミンに滞在していた阿部と申します。
ホーチミンの芸術に関して、私も何だか薄いな〜と感じていました。
芸術性がないのではなくて、もっとベトナム色を勝手に期待していただけですが。
オシャレカフェも食べ物も、実はテイストが全て偏っている事やパターンがあると考えていました。
なので、屋台飯が好きでした。


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。