2019/10/12 NewsPicksオリジナル記事感想まとめ

◎注意事項

・あくまで「個人的な意見、感想」です
・記事の詳しい内容は省く方向で、その場の気分で書いてます
・興味がなかったり、時間が無かったりで読まない記事もあります
・問題があれば削除します

本日の内容はこちら

1、【議論百出】米大統領選の争点「富裕税」をプラン別に検証

トランプさんが極端だからか、こっちも極端に流れやすいなぁと

やりたいことは対症療法であって、根本治療では無いと思う

もっとみる

資本主義の犬になるということ①

今日も、マンションから出た僕の横を、犬を連れたおばさんが通り過ぎていく。犬は、何も反抗する様子もなく、おばさんの横を歩く。

あれ、と思った事がある。おばさんは犬の首に、何も首輪らしきものをつけていないのだ。それでも、犬はおばさんの横を、ひょこひょこ四足で歩いていく。従順なものだ。

もし、この犬が、突然走り出したらどうだろう。おばさんは焦るだろう。犬は、走る方向によっては、向かってきたトラックに

もっとみる

アメリカの反社会主義(2012)

アメリカの反社会主義
Saven Satow
Sep. 27, 2012

“For the revolution”
Helen Keller

 2012年11月の合衆国大統領選挙が迫る中、保守派の間からしばしばバラク・オバマ大統領に対して「社会主義者」と非難のレッテルが投げつけられる。彼はアメリカの価値観の伝統に反した社会主義者だというわけだ。サウスカロライナ州選出のジョン・デミント上院議員や

もっとみる

資本主義者はどこにいる?

「これこそ資本主義だ!」と言って買い物する人を、私は見たことがない。

「これこそ資本主義だ!」と言って働いている人を、私は見たことがない。

経営者は自らの事業が資本主義を実践しているものと皆考えているのだろうか?

もちろん、どこかにそのような人はいるのかもしれないが、数としては極少数にすぎないだろう。

ほとんどの人にとって売買や労働は「主義」ではない。自ら生まれ育った社会もしくは共同体の中

もっとみる

中国のマイナンバー制度みたいなやつ

中国は人民をどれくらい管理しているのか

中国語を二年近く勉強してきたけど、これまで全然気にしたこともなかった。そういえば、社会主義を標榜している中国が人民をいかに管理しているかという仕組みについて、関心が無いと言ったら嘘になる。どうやっているのか。

初めてその存在を気にしたのは中国に旅行に行って、天津から北京まで高速鉄道の乗って移動しようとした時だった。

改札の職員が「***を見せてください

もっとみる

姓社姓資論争について

中国株式会社そして株券市場の姓は社会主義であって、資本主義ではない(《中國的股份公司與股票市場:姓“社”不姓“資”》在郝繼倫著《中國股票市場發展分析》中國經濟出版社2000年, 9-10)

 中国社会主義制度のもとにある株式会社そして株式会社(股份公司)と互いに補完的制度として設立された株券(股票)市場の姓は、社会主義かあるいは資本主義か。これはわが国が株式経済と株券市場を発展させる中で、それが

もっとみる

共産党宣言を読んで、社会主義がなぜうまく機能しないかをガチでscienceしてみた。

今日までのあらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である。 カール・マルクス 共産党宣言より抜粋

この記事に書いてあること
・そもそも資本主義とは?
・資本主義が生んだ弊害
・社会主義とは?
・資本主義とは自然界の法則そのものである。
・社会主義がうまくいかない理由
・法則に外れた人間の思想は、悲劇を生む
・まとめ

マルクスの共産党宣言という名著をご存知でしょうか?

僕は大学1年の時に、マルクス

もっとみる

趙紫陽  資本主義過程の必要性  1993

宗鳳鳴《趙紫陽軟禁中的談話》開放出版社,2007年,86-87

  1993年4月28日 趙紫陽は言う。「国有企業の改造について、公有制を主体の株式制から摘み取ることは解決できない問題だ。というのもすべて公有制で、過去も大差ないからだ。自分で損益を負わせるだけでは解決にならず、国有企業の経営メカニズムの転換も同様に解決に役立たなかった。これはかならず所有制問題の解決を必要としていた。彼は国有民営

もっとみる

趙紫陽 資本主義を発展させよ  1993

宗鳳鳴《趙紫陽軟禁中的談話》開放出版社,2007年,104-106

1993年7月1日   趙紫陽は言った。「社会主義の現行制度と社会主義道路(社会主義への歩み方の意味か)との間には、区別(区分)があっていい。過去には先験的公式が作ったミイラ化した制度によったのであり、とくに公有制だが、実行したところは、公有化の程度が生産力の水準を超えており、生産力は極大まで破壊されることになり、貧困が作り出さ

もっとみる