文体

最近、文章に色が見える、というか、文章ってどれも「文字」という全く同じ材料で作っているはずなのに、なんでこんなに、テンポとか、静謐さとか、呼吸の深さ浅さが、見えるものなのか、と驚く。


自分で書いていても、あきらかにテンションがおかしい箇所があると、そこだけ色がついて見えるような感覚が、最近ある。


noteは同じ人の文章をつづけて読めるけど、すぐ隣に別な人の文章もあるから、たのしい。フランス料理のフルコースも食べれるけど、中華もつまめるレストランって感じ。だから、フランス料理が好きでもときおり中華をつまんで「やっぱり違う味だな」と思い、でもどっちも好き、と気付ける、という味わい方ができる。


10万字の小説なら、書き手の個性が出るのは当然だが、2000~3000字のエッセイで、身辺雑記という同じジャンルでも、ここまで? というほどに、皆、文体が違う。



あいかわらず高石宏輔さんの文章の良さにひきつけられている。

「米がうまい」と書いてるだけなのに、米がうまいようにうまい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すと、短歌を1首詠みます。 サポートされると4首詠みます。

ボロを出すことこそボロを出さぬこと私はロボットではありません
13

コラム・エッセイ・日記

好き勝手なことを言い放題しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。