男の虚船アルファ版

末素生児 19880620 自分の死体を風葬する。 stentoridae@gmail.com

男の虚戦ストロンチウム

以前書いた川蝉というバンドのワガユージさんが当時のブログにてたしか、自然にからだが動くままに動いて音を出すべき、というようなことを書いていて、たしかにワガさんの...

若い篝火⑴

中学生の自分、一つ下の風間港くんになぜか慕われていて、ぼくは慕われたら気持ちがいいので基本的には彼の気持ちに応えるように付き合いをしていたのだけれど、中学校を卒...

冬から冬へ 出口から入口へ

2008~2009 クリスマスに出所して、翌日の夜に母が、まるでひきこもりの息子にそうするようにぼくの部屋にお盆に載せた料理を持ってきた。 その料理というのがとても手の...

φ(・ω・`)メモメモ

少し前まで、直木賞作家の作品というのを避けていた傾向があって、自覚できる理由としては、気にかかる選考委員がいなかったーーそれは知らない人が多かったことも含めてー...

リーフレットマンション

幼少期メゾネットタイプのアパートメントに住み工作をしていたところハサミで自分の指を切断してしまった、という記憶があるのだが、その記憶は不可解で、まず、5歳くらい...

ミニじゃない四駆

2009 たぶん春 かみしゃくじいいちのにのさんに来てと言われて自転車で向かい、着き、着きましたよ、と先方に電話した。 目の前にあるマンションおれのだからそこで待って...