しゅん

ゲーム開発に役立つ情報をまとめていきます ■サイト http://2dgames.jp ■Twitter https://twitter.com/2dgames_jp

良いパズルを作る方法

◾️パズルとは

ここではパズルを以下の定義とします。

“1つの正しい答え” を持つ玩具や仕掛け。工夫や忍耐努力で答えを求めることが楽しいと思えるもの

◾️パズルを楽しくするためのポイント

パズルを楽しくするためには、以下の3つを取り入れることを意識します。

1. 目新しさ
2. 「解けそう」と思わせる
3. 多面的な視点を必要とする

パズルは、ありふれていてどこかで見たことのあるもので

もっとみる

ゲームデザイナーとしての素質を伸ばす方法

今回はゲームデザイナーに必要な能力、素質を向上するための方法について紹介します。

■どんな人がゲームデザイナーに向いているのか

ゲームデザイナーとしての必要な素質はいくつかあります。
ゲームとその他のエンタメの知識。流行りものに対する嗅覚。心理学の知識。優れたインスピレーション……、などなど。

その中でも最も重要なのが「面白い状況を作り出すのが好きな人」です。
これはゲームに限らずエンタメ全

もっとみる

ホラーゲームの作り方

今回はホラーゲームの作り方について考えてみます。

■ゲームの方針を決める

まずはホラーゲームで表現したい怖さを選びます。

"キャラクター" や "シナリオ" に焦点を当てる場合は、「ノベルゲーム」が良いです。例としては「弟切草」「かまいたちの夜」「ひぐらしのなく頃に」などです。ノベルゲームは長い文章を使って、細かい表現ができるので、人の内面や狂気に至るまでの過程、精神的な葛藤を描くことができ

もっとみる

インターフェースデザインの原則

インターフェースを作る上での最も重要な原則は「必要な動作を十分に表現し、かつ可能な限りシンプルなものを目指す」ということです。
操作方法があやふやでまとまりがなかったり複雑であると、楽しいゲームプレイの妨げとなってしまいます。

◾️3つの基本的な要素

シンプルでわかりやすいインターフェースをどうやって作るのかについてですが、まずはインターフェースの要素について理解します。
たいていのゲームに共

もっとみる

ゲームデザインのプロセス

ゲームに必要な新しい要素だけを加えよ。ミニマムな改革を目指せ。

── Eric Wujcik
Lawrence Schick: "Heroic Worlds". Prometheus Books, 1991.

今回はゲームデザインのプロセスについて書いてみます。

◾️4つの開発フェーズ

ゲームデザインのプロセスはおおよそ以下の4フェーズに分けることができます。

1. コンセプト: 題材の

もっとみる

"タイト" なゲームの作り方を学ぶ方法

今回は "タイト" なゲームの作り方を学ぶ方法を紹介します。

■タイトなゲームとは?

タイトという言葉は「きつい」「ぴったりした」という意味です。服装がピチピチになっていたり、ビジネスの現場ではスケジュールがびっちり埋まっていて余裕がなく厳しい場合にこの言葉を使ったりします。

ゲームにおける「タイト」という言葉は、各要素が綿密に連携しており無駄が少ない状態を意味します。
例えば、ゲームを一定

もっとみる