Toshie Tanaka

エディトリアル・ディレクター、文筆家。「ブータン王室はなぜこんなに愛されるのか」(小学館)、「未踏 あら輝 日本一予約の取れない鮨屋」(講談社)。ウェブロンザ論説。アエラスタイルマガジンにてコラム『センスの因数分解』連載中。ttanakatoshie.com

個人サイト作りました

トップページにある水玉のような模様は、小紋という着物の技法を用いて、手描きの繰り返し。色は和の色に統一。フォントも一部オリジナル。一見ではわかりづらいですが、手間暇惜しまず、個人サイト作りました。
読み応えたっぷりのお仕事論対談もあります。ぜひ覗いてみてください。

田中敏恵ホームページ

着物を読む(趣味は着物と言えるまで9)

着物を着るようになってから、その関連の本も読むようになりました。コーディネートや専門書、というよりは随筆のような読みやすいもので、写真もいくつか収められている、というものが好きなようです。

読んで良かったものをいくつか挙げると…

・琉球布紀行

・きもの箪笥

・一色一生

・幸田文の箪笥の引き出し

・着物あとさき

・きもの自在

・きもの美

・檀流 きもの巡礼

・魂の布

などなど…

もっとみる

ひっさしぶりに服を買ったワケ

ファッションがつまらない。ここ数年ずっと思っていた。「私は、ファッションではなくスタイルを作っている」と言ったのはかのココ・シャネルだが、最近は右を見ても左を見ても“トレンド”という免罪符を掲げて、同じような服ばかりが並んでいる。トレンドに自分を嵌めこませるような服、それ以外は通勤を意識したものがほとんどな気がするのだ。

ファッションに求めるものは、相手への敬意を表す役目だとか、その季節の到来を

もっとみる

ニューヨークレストランの「今」がやってきた

ニューヨークで注目のレストラン「ベットニー」のシェフが来日し、パークハイアット東京でコラボレーション。文化人類学者であったお母様に連れられコスタリカやグリーンランドなどで生活したユニークなバックグラウンド、レストランジャーナリズムの選択を行くニューヨーク、そして日本の豊かな食材などが融合したコースは、新鮮でありながらとても親しみやすいものでした。写真は、クリスピーなミレット(出汁の"旨みしさ"とい

もっとみる

単衣はじめました。(趣味は着物と言えるまで8)

やっと涼しくなりましたね。濃紺の紬にインドネシアの手紡ぎ手織りの木綿を仕立てた帯、チラッと覗く袖もインドネシアの絞りから作ったもの(元はストールでした)。