Yabe Yusuke

Service & Digital Product Designer at Kyash Inc. / HCD-Net認定 人間中心設計専門家 / Dribbble: http://dribbble.com/tarobeeeee

ビジョン提案型のサービス開発と顧客視点の活用

UXデザインの重要性が認知されるに従い、企業としても事業成長軸で目標やKPIを設定するのではなく、顧客視点でのサービス開発を重視する動きが半ば当たり前のようになってきています。これには、各組織のデザイン部門やデザインエージェンシーの働き掛けにより、顧客視点での開発が延いては事業貢献にも繋がることが実証され始め、経営陣もそのプロセスや考え方の導入に積極的になっている背景があるのだと思います。

顧客

もっとみる

上海・杭州のキャッシュレス事情

中国のキャッシュレス事情を垣間見に上海・杭州へ行ってきました。旅行の思い出も兼ねて見てきたこと感じたことをレポートしたいと思います。

旅前にやったこと

銀聯カードを作った
中国ではVisaやMastercardなど国際ブランドのクレカでも使えない店があります。そこで、銀聯カードという中国で利用できるクレカを作っておきました。ANAの提携カードとして日本でも作ることができます。

ANA銀聯カー

もっとみる

スタートアップのデザイナーが考えるブランディング

製品リリース後のスタートアップでは、基本的な機能開発を優先しつつも、付加価値となる機能設計や情緒設計、ブランディングを将来的にどうしていくかも考えなくてはなりません。またブランディングはすぐに効果を発揮するものではないため、逆に数年後の為に今から考え、実行することも重要になります。

リリース後に浮かぶ課題

すでに市場でのブランドが築かれており、自己認知と市場認知に乖離が無い場合は問題ありません

もっとみる

UIデザインと概念モデル

前回、UIデザインと短期記憶についての記事を書きましたが、今回はUIデザインと概念モデルについて書こうと思います。
概念モデルとはデザイナーが描く画面設計のルールのようなもので、ルールをユーザの行動に対して矛盾なくシンプルに統一することで、ユーザがUIの学習をし易くなり、延いては行動レベルでの操作・直感的な操作に繋げられます。

ルールの統一

分かりやすい概念モデルの構築のための1つとして、ルー

もっとみる

UIデザインと短期記憶

UIデザイナーとして同僚のエンジニアやクライアントへのデザイン説明、または後輩の育成などにデザインに対する論理的な知識があると説明がしやすいと思います。
また、自分がデザインする際にも軸となる考え方があれば、自分の中での意思決定を早く済ませることができ、デザイン作成において瞬発力が備わります。

今回はUIデザイナーであれば、おそらく意識されたことがあるであろう短期記憶(ワーキングメモリー)につい

もっとみる

スタートアップにおけるデザイナーの役割

スタートアップでデザイナーとして感じていること、考えていることを書こうと思います。

まずは現場で開発内外のメンバーから聞かれる「ウチらしくない」や「ユーザの声を聞き入れよう」など、主観的な感覚に寄った意見やユーザの声=解決すべき課題と捉える意見にどう向き合いプロダクトの改善に繋げているかということからスタートアップにおけるデザイナーの役割について書こうと思います。

まだサービス像が固まっていな

もっとみる