【夢を叶える】もっとも効果的な理想の描き方は”プレイヤー視点”であること


人は生きながら、自分の人生の未来に向けて、様々な「理想」を思い描きながら生活をして行きます。

さながら”人生の絵描き屋”として「理想のキャンバス」にこれまで何千枚以上の絵を描いてきた事でしょう。

理想の生活、理想の仕事、理想のパートナーなど。

理想は、想像すると楽しくなったり、ワクワクします。

でも、「理想」には「”叶う理想”と”叶わない理想”がありますよね。


「はて、なぜだろうか?」

そう思って、自身の過去の経験を振り返ってみると、”叶った理想”には、ひとつの共通する部分がある事に気がつきました。

そしてそれは、「理想の描き方」に大きなひとつの要因がある事がわかってきました。


今回は、「理想が叶った描き方」と「理想が叶わなかった描き方」について、お話をさせていただきます。




あなたにはいま”理想”はありますか?

という質問すら愚問であるほど、人はほぼ必ず理想を持っています。

決して大きいものに限らず、「あれが食べたい」といった些細なことも”理想”のひとつです。



今まで理想が叶った事はありますか?

この質問も、ほぼ全ての人が、「ある」と答えるでしょう。

「ない」と思った人も、”些細な理想”であれば、叶った経験が必ずあるはずです。



理想は叶ったけど、「なんか違った」と感じた事はありますか?

これについても、ほぼ全ての人が、「ある」と答えるかと思います。

「ずっと好きだった人と付き合ってみたけど、思ったような人ではなかった。」
「志望の会社に入ったけど、想像していたのと違う。」
といった経験をした事がある人も多いでしょう。

「叶ったは叶ったけど、なんか不本意。。」
と思いますよね。




実際に理想が叶った時に、”理想と現実”のギャップをなくす事が、本当の「理想が叶った状態」と言えます。

そして、このギャップをなくすには、「理想のキャンバスへの描き方」にポイントがあります。



それは、理想のシーンを客観的に描くのではなく、自分の目線で描く事。


例えば僕の場合、ハンドメイド作家になる事が少し前までの理想でした。
そして、現在はその理想を叶えています。

ハンドメイド作家になる事を理想としている時、僕の頭の中にイメージしていたのは、
「ハンドメイド作品を作っている自分」ではなく、
「完成した理想の作品が目の前にあるシーン」でした。

「理想のキャンバス」には、”自分”は描かれておらず、”完成した作品”だけが描かれていました。

「ハンドメイド作品を作っている自分」を想像した所で、その画を叶えるのは自分ではなく他人です。

あなた自身が、”ハンドメイド作品を作っている姿を自分で見る”という事はできませんよね。

もちろん作成風景を撮影したり、鏡に映せば、自分でも見る事ができます。
しかし、あなたの夢は"鏡に映して自分の姿を見る事"ではないはずです。


これこそが、「理想を叶える」事と、「理想を叶えたあとに幸せを感じる」ための大きなポイントです。




たとえば、「海が見える家に住みたい」と思っているとしたら、優先して想像して欲しいのは、「海が見える家に住んでいる自分」ではなく、「その家から海を見る視点」なのです。

「海が見える家に住んでいる自分」を想像してワクワクするが、「その家から海を見る視点」を想像した時にワクワクしないのであれば、その理想が叶った時に、あなたは「なんだか違う」「こんなハズじゃなかった」と思うでしょう。


理想の車を買う時は「その車に乗っている自分」を想像するけど、いざ購入して乗ってみたら、その理想の姿を自分で見る事はほぼありません。
実際に見るのは、自分が乗っていない車の外観か、車の内装です。

その車に乗り続けていれば、いずれは、”その車に乗っている自分の姿”は薄くなり、車の機能や、乗り心地にフォーカスするようになるのです。




物事は「見る」のと「やる」のとでは、見える世界は全然違います。

「見る」のは、”評論家”。
「やる」のは、”プレイヤー”です。

”評論家”は、あくまで他人事なので、そこには強いエネルギーも自己責任もありません。

”プレイヤー”の方が、”エネルギー”も”覚悟”も”夢中度”も圧倒的に強いです。

ぜひ”プレイヤー”の視点で「理想のキャンバス」を描いてください。


”あなたが理想の場所にいる景色”ではなく、”あなたがその眼で実際に見たい景色”をイメージしてください。

夢に描いた景色が実際に眼前に広がった時の感動は、「自分は世界で一番幸せ者だ」と思えるほどの感動があります。

だからこそ、僕自身も死ぬまでプレイヤーであり続けようと思っています。


夢は他人のために叶えるのではありません。
100%自分のために「自分ごと」として、”あなたの視点”で夢を想像してください。

そして、ぜひその夢を叶えてください。


今日も素敵な人生をお過ごしください。


鈴木天尋


===

今回の記事がお役に立てたのなら【♡スキ】を押していただけると嬉しいです。
記事のシェアは大歓迎です。SNSなどでご紹介いただけると大変嬉しく思います。

ご相談やご質問、仕事の依頼は、サイト1番下の「クリエイターへのお問い合わせ」または、こちらの相談フォームURLからからお願いします。(継続するお取り引きの場合はメールアドレスをご連絡致します。)

https://www.secure-cloud.jp/sf/1541309434QbVHTLlJ

「お悩み相談」も受け付けておりますので、ぜひご相談ください。
※ご相談には可能な限りお答えさせていただきますが、当方のスケジュールや内容によっては、対応しかねる場合もございます。
※ご相談の内容は個人情報を伏せた上で、noteや当方関連サイトにて回答させて頂きます。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます。 ご支援は書籍購入など、今後のインプット活動に活用させていただきます。 皆様の役に立つアウトプットをして行けたらと思っております。

ありがとうございます。今日も素敵な人生を。
38

鈴木天尋(Tenjin Suzuki) 生き方・心理

本質的に幸せに生きるための考え方と心のあり方について配信してます。 心理ナビゲーターとハンドメイドアクセサリー作家として活動。

気になる記事ほか

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。