「年齢」という考えをなくしてみると、自分の”シンプルな本心”が見えてくる


日本で生活をしているほぼ全ての人は、生まれた瞬間から、「年齢」というレールにのっとって人生を導かれるようになります。

6歳になると小学校に入り、12歳になると中学校へ。
20歳ごろから就職をし、その後は結婚について考えさせられる。
定年や年金の生活についても考えるようになる。

「年齢ごとのルール」というレールに乗る事は、社会的な安定を得るための制約のように感じる事があります。

むしろ、”年齢の制約の強制力”が強すぎる事で、そこに窮屈さを感じている人が増えているとも。


学校や就職や年金などは、これまでの多くの先人たちの”それぞれの年齢の時の経験”によって設定をされた、”生きるのに不便にならないようにする仕組み”でもあるのでしょう。

でもそれはあくまで”社会的に不便にならないため”という意味であり、必ずしも、”幸せな人生を送るため”にはならないと思っています。

もちろんそこに違和感を感じずに、豊かで幸せな生活を過ごしている人も多くいます。

しかし、この微妙にズレている解釈の間で、”年齢のルールに従っても幸せになれず”に苦しんでいる人もいます。


また、「年齢のルールに従う事は、幸せには直結しない」と感じながらも、どうして良いかわからずに、モヤモヤの中を過ごしている人もいるかと思います。

今運用されているルールは、ひと昔前の人々が”豊かに生きるため”のルールでもあります。

恐らく、昭和の頃の「横並び」や「経済的豊かさ=幸せ」の頃の”良さ”が色濃いものでもあるのでしょう。

このような、昔と今の”常識”が変わりつつある中で、疑問や悩みを抱えながらも、その悩みが何なのかわからずにモヤモヤしている方へ。

今回のお話が、そのトンネルを抜けるための兆しになればと思います。




唐突ではありますが、今から2000年前の弥生時代にタイムトラベルをしてみましょう。

あなたはいま山の中の、とある小さな集落に住んでいます。

横の森には、獲物となる動物や木の実や山菜は常に豊富にあり、集落では稲も栽培しているので食べる事には困りません。

近くに綺麗な川も流れているので、水も飲めるし、洗い物もいつだってできます。

その集落の人々には、ちょっとした思想もあるので、獲物を食べる時は「感謝」をして食べる風習があります。

森に出れば2〜3日分の食料はすぐに手に入るし、保存食や稲の栽培もしているので、もしもの天災や越冬などでも問題なく生きられる。


でも「年齢」という概念はない。

ここに住む人々は、5年後10年後はどうするか?という事はまず考えません。

あっても、1年後くらいでしょう。

冬を越すまでの未来設計ができていれば十分で、それ以降の事は考える必要性がないのです。

なぜなら”今を充分に暮らしていける”から。

ここにひとつの”幸せを感じるポイント”があります。



「幸せ」になる大きな要素として「安心」があります。

「安心」の反対は「不安」ですよね。

人は「不安」によって、「幸せを損なわれる」と感じます。

そして、この「不安」とは、ほとんどの場合が「未来予測」です。

「未来にお金がなくなってしまうのではないか」
「未来に健康ではなくなってしまうのではないか」
「未来に家族がいなくなってしまうのではないか」

特に、”不安症”や”心配性”の人ほど、「常に悪い未来を予測する癖」があるので、思考はいつも「良からぬ事態に備える」という事ばかりを考えながら行動をしています。



そのような人ほど、今この瞬間だけでもいいので、”年齢を忘れてみる”という事をおすすめします。

年齢を忘れてみると、自分の思考から、遠い未来の予測が消えます。

「お腹すいた」や「少し眠いかな」など、自分の体や心の感覚がよく聞こえるようになると思います。

意識が、”今この瞬間”に向くようになります。

未来の事をごちゃごちゃと考えすぎて不安になる事はありません。

今感じている、自分の”シンプルな本心”だけが見えてくるようになるのです。


人の心と体は、”今”の声に従うほどに、調和がとれるようになり、”今”の声を無視するほどに、ズレが生じて不調を招くようになります。

体の痛みは、過去の行いに原因があるかもしれないし、このままの未来に不安を感じるかもしれません。


でも、”体が痛いのは今”ですよね。

痛みに対処するのは、”今”であって、過去でも未来でもありません。
過去を呪うものでもないし、未来を憂(うれ)うものでもありません。

同じように、「幸せ」になるのも”今”です。
”今が不幸だから未来に幸せになる”のではありません。



どんな状況でも、人は幸せになる事ができます。

しかし、同じ状況でも、幸せを感じる人と、感じられない人がいます。

幸せを感じられない人は、自分の過去や未来を他の誰かと比較して、自分が「恵まれていない状態にある」と予測をしてしまう傾向にあります。

本当に幸せな人は、「恵まれている」と思うのは当然で、「恵まれているから幸せ」とは思っていません。

「今この瞬間は十分でちょうどいい」という感覚を持っています。
だから、決して身の丈を過剰に超えるほどの多くのものを必要としません。



「年齢ごとの暗黙のルール」や「一般常識」といった、社会の常識に捕らわれず、今の自分を優先しましょう。

同年代の人と、自分を比較せずに、自分の人生の一本道を尊重しましょう。

自分の人生は、自分だけのもの。

人生の進み方は、他人が決めるものじゃない。

未来を想像すると恐れが湧いてくるのなら、未来なんて想像しない方が良い。

未来の想像が理想や希望になるのなら、ぼんやりとなんとなくした方が良い。

まずは、今日の自分を何よりも幸せにしましょう。


今日も素敵な人生をお過ごしください。


鈴木天尋


===

今回の記事がお役に立てたのなら【♡スキ】を押していただけると嬉しいです。
記事のシェアは大歓迎です。SNSなどでご紹介いただけると大変嬉しく思います。

ご相談やご質問、仕事の依頼は、サイト1番下の「クリエイターへのお問い合わせ」または、こちらの相談フォームURLからからお願いします。(継続するお取り引きの場合はメールアドレスをご連絡致します。)

https://www.secure-cloud.jp/sf/1541309434QbVHTLlJ

「お悩み相談」も受け付けておりますので、ぜひご相談ください。
※ご相談には可能な限りお答えさせていただきますが、当方のスケジュールや内容によっては、対応しかねる場合もございます。
※ご相談の内容は個人情報を伏せた上で、noteや当方関連サイトにて回答させて頂きます。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます。 ご支援は書籍購入など、今後のインプット活動に活用させていただきます。 皆様の役に立つアウトプットをして行けたらと思っております。

ありがとうございます。今日も素敵な人生を。
28

鈴木天尋(Tenjin Suzuki) 生き方・心理

本質的に幸せに生きるための考え方と心のあり方について配信してます。 心理ナビゲーターとハンドメイドアクセサリー作家として活動。

イラスト使ってくれたマガジン(仮)

note記事の「ゆるふわイラスト」でお馴染みの『ゆる〜いぼうにんげんズ(オープンソース図版集」)』を利用してくれた著者さんをまとめたマガジン集です。1つの図版にでも、著者さん職業領域や観点でいろいろな切り口や思考で記事が展開されているので、想像以上に多くの視座が得られます。...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。