夜も朝も、この目で見たいと思った

眠りたくないと思った。
ずっとこうして起きていたいと思った。


朝を迎え夜になり、夜を越してまた朝を迎える。
一日の終わりと始まりは、いつもわたしが見守っていたい、と思った。
それはわたしの一日に対する独占欲でもあったし、時間に対する支配願望の現れでもあったと思う。
とにかくわたしは、一日の始まりから終わりまでというひとつの物語をどこか遠くから見れるチケットが売っていたなら、きっと買っただろうな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただくと、わたしがおいしいメロンパンを食べることができます。

優しいハートの押し方ですね、ありがとうございます。
16

雨夜

大学生。思ったことなんでも書いちゃう。東京のネオンの一部になりたい。夜更かしとメロンパン、それと、雨の夜と居酒屋で知らない人の誕生日を祝うことが好きです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。