バンドなんて。

なんでやってるかわからなくなる時がある。

ミュージシャンという“職業”をやってて。
バンドという存在はホントウに厄介だ。

お客さんが少ない時だってあるし、スケジュール合わすの大変だし、毎回告知しなきゃだし、練習はしなきゃいけないし、ほんとはやりたくないのかな?って思ったりするし、みんな各々バンドを抱えてたりするし、それに正直言ってお金にならない部分も多い。

「仕事」ではないけれど「趣味」ではない。

なんなんだろ。

友達以上、恋人未満みたいな。

ちがうか。

「え?ミュージシャンってバンドやるのが当たり前じゃないの?」って思う方もいるでしょう。

意外と“バンド”してないミュージシャンもいるんです。

禅問答みたいですよね。

なぜかやっちゃうんですよね、バンドって・・・

40歳を過ぎて思うのは。

音楽って色んな人とできないんだなってこと。

いや、できます。

できますよっ!

年を重ねた分、人脈だって広がるし、色んなこともできるようになるし、セイジ的なこともわかるし、お金も稼がなきゃいけないから。

できるし、やってるんですけど。

できなくなってくる。

伝わるかなぁ、この感じ。

文章にするのって難しい。

できるなら、腹を割って話したい。

スタバで。二時間ぐらい。


20代や30代の前半の頃は「なんでもやれなくちゃいけない」「失敗しちゃいけない」「この人に好かれなくちゃいけない」「この仕事を後に繋がなきゃいけない」「譜面を読まなくちゃいけない」とか対外的なことばかり気になって。

最後のは違いますけど。

これやったらどう思われるかとか色んなことが気になりすぎて上手くいかなかった。

自信なんてなかったし。

「音楽を仕事にするってそういうことだから」と自分に言い聞かせてたと言うか。

「オマエ、昔から好き勝手やってたじゃねーか!」って思った方。

腹を割って話をしましょう。


でもそういうことじゃないのかもな、って気づいて。

無理することないかな、って。

バンドなんだし気の合う人と好きなことやればいいんだな、と。

いや、あったりまえのことなんですけど。

言われますよ、親戚にも。

「あっちゃん、好きなことやってていいね」って。

たしかにそう。

でも「好きなこと」と「やりたいこと」そして「できること」って全部違うから。

ほんとそういうことすらも気づかなかったし。

できなかったんですよね。

「これを好きでやってます!」って自信を持って言うことが。

世代なのかなぁ。
それとも自分だけなのか。
勉強のためにバンドやってたというか。

勿論そういう時期ってあると思うんです。
必要なことだし、勉強は今でしてるんですけど。

もちろん好きでやってるんですけど。
「これ絶対自分より好きな人いるよね・・・」
って思ってしまうというか。

ホンモノじゃないから、留学してないから、そのジャンルをちゃんと勉強してないからとか。

色んな理由を自分で見つけて。

別にそんなこと関係ないんですけどね、音楽をする上で。

勝手に自分でコンプレックスにしてる。

で、それを解消するためにバンドをやってた。

でもそれを人に見てもらうってどうなのよって。

なんでオマエの訓練の過程を見させられてるんだ、と。
それすらエンターテイメントになってればいいのですけど。

志があって気の合うメンバーとその人たちでしかできないことをやって。

楽しそうにワイワイやってるところを見てもらって喜んでもらう。

そこが原点じゃん(自分のね)と思い直して。

規模は大きいに越したことはないけど、小さくてもいいからそれを大事にしようって。

そう思って、ここ数年はこれからずっと一緒にできる人を探すことに心を砕いてきました(今もですけど)

和田くんなんて、家族ぐるみで仲良くしてくれるし。

仕事仲間であり、友人でもある。
友人でもあり、仕事仲間でもある。

またはそのどちらでもない。

一緒にいる時間を共有して行ける人。

それがバンドのメンバーなんですよね。

そう思ってやり始めたバンドなのに。
なんでやってるんだっけ?って思う時があるわけですよ。

不安になる。

あ。あとね。
練習や研究を厭わない人とやる。

もちろんなんでもパッとできることに越したことないんですけど。

できることを確認してどうする、と。

今やってるChoro'n'POW!もできないことの方が多くて。
まぁ編成的な問題もあるんですけど。

みんなであーでもない、こーでもないと言いながら試行錯誤してる。

正解なんてないし、誰もわからない。

同じこと何回でもやるし。

だから曲の練習をしてるんじゃなくて、考え方を共有してるんですよね。

そういうことが出来る人とまた出会えるといいな、って思ってます。

うーん、ちょっと脱線してきちゃったな。
今日、言いたかったのはそこじゃなくてですね。

先日メールをいただきまして。
ファンの方からなんですけど。

その方はお仕事をされながら音楽をやってらっしゃる方で。

「音楽でやってくぞ!って覚悟も感じるんですけどゆるゆる感も出てて。そこに憧れます。Choro'n'POW!はずっと並走して見届けたいバンドです(要約)」って言ってくださって。

「ああ、やって来てよかったな」と思ったんです。

別に辞めようとは全然思ってなかったですけど。

あれ?なんでやってるんだっけ?って見えなくなることはよくあるので。

ほんと励みになるんです。

多分メンバーも褒めて伸びるタイプばっかりなんで。

ありがたい。

今読んでくれてる人も、これを読み終わったら自分の“推しごと”に好きって気持ちを伝えてみてください。

我々はうっとりするような美しい音楽をやったり、スタイリッシュなことやったり、難解なことをやってるわけじゃないから。

気楽に、そして気軽に楽しんでもらえたらいいなと思ってます。

ご飯を食べる時だって色んなお店やシチュエーションがありますでしょ?

たまにはオシャレして豪華なフレンチをキメたい時だってあるし、自傷行為かってぐらいカラダに悪いものを普段着で摂取したくなる時だってある。

お仕事帰りなのか、休日なのかによっても変わってくるでしょうし。

お一人様なのか、友人同士かでも変わってくるでしょう。

世の中はしなくてもいいことが溢れてる。

だけど、してもいいことも沢山あるはず。

そんな選択肢のひとつとして自分たちの音楽があればいいな、と思っています。

生活の中に音楽を、なんておこがましいから。

あったら楽しいよ、ぐらいの。

感じで。

そして、そんな我々です。

Choro'n'POW!って言います。
おじさん達が汗かきながらやってます。
よかったら見てください。

http://www.mitsuhirowada.com/2019/03/choronpow.html

◆みたにあきかず facebookページ
ライブ情報やライブレポートなどを載せています facebookに登録されてない方でもご覧になれます。フォローやいいね!大歓迎!

https://m.facebook.com/wavisaviwavisavimitani

◆みたにあきかず Twitterはコチラ
ライブの写真、日常のつぶやきなどしています。フォロー大歓迎

https://mobile.twitter.com/wavisavimitani1

◆浅草にあるジャパンパーカッションセンターでパンデイロワークショップを月3回開催しています!初めての方でもお気軽に。楽しくアンサンブルしましょう!
詳細はコチラ

https://komakimusic.co.jp/topevent/pandeiro/

芸歴20周年の記念して制作されたアルバム「うたう たいこ」
収録曲は全11曲オリジナルの書き下ろし。
一度聞いたら忘れられないメロディとついつい口ずさんでしまうリズムが交錯する。
ブラジルのタンバリン「パンデイロ」から日本に一台しかないslit drumなど数多くの打楽器を操り多彩な音の空間を演出する。
たいこが「うたう」とはどういうことか?を追求した音楽ファン必聴のアルバム。
◆CDはコチラからお求めになれます↓

https://komakimusic.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=7033

#音楽 #打楽器 #リズム #ミュージック #パーカッション #レッスン #コツ #パンデイロ #コーチング #コラム #仕事 #アート #ビジネス #note #技術 #独学 #情報 #知恵袋 #リズム感 #武術 #エッセイ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたお気持ちはコンテンツ運営のための活動資金(書籍 機材 取材費など)にさせていただいております。 いつもありがとうございます!

お気持ち、嬉しいです!
14

打楽器戦士のエッセイ 「たたきもの 人生」

普段の出来事や気になったことをツラツラと徒然に書いております。 お時間のある時に流し読み感覚でどうぞ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。