「訪問での活動と参加」新規ケース 導入編Bさん

ひとつ前のコラムでは寝たきりのAさんの導入部分を取り上げた。今回は少し状態が異なるBさんを取り上げる。

歩けるBさん

屋内での転倒により上腕骨の骨折で入院し、退院後屋内での再転倒防止のために訪問リハビリの依頼が入った。初回訪問時には屋内移動はふらつきあるけど自立。ケアマネは同じ事業所というケース。

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「やまだstyle vol.6 2025年に向けてすべきこと2」に含まれています。

マガジンは1000円で販売しています。マガジンには10本ほどのコラムを掲載します。単品でご購入するよりはマガジン購入の方がお得です。

マガジンの全内容はこちらで確認していただけます。

⇒https://note.mu/yamada_ot/m/m65c1565bfa58

=====ここから続き========

やっぱり初回が重要

担当ケアマネは同じ事業所のケアマネさんです。

初回の訪問は一緒に同行してくれました。

この続きをみるには

この続き:2,054文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2025年に向けて行動すべきことを書いているマガジンの第2弾。地域リハビリテーションとか2025年問題とか、同時改定のことなどリハビリ...

または、記事単体で購入する

「訪問での活動と参加」新規ケース 導入編Bさん

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
1

やまだstyle vol.6 2025年に向けてすべきこと2

2025年に向けて行動すべきことを書いているマガジンの第2弾。地域リハビリテーションとか2025年問題とか、同時改定のことなどリハビリテーション専門職や関連職種の方に知っておいてほしいと思うことを、書いています。臨床経験26年超、訪問リハビリテーション歴10年超の作業療法士...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。