同時改定後、新しい一歩を踏み出したいリハ専門職必要なこと

2017年度は15カ所で講演をさせていただきました。

講演ではいろんな地域に行ってます。どこに行っても20代30代くらいのセラピストが質問や相談をしてくれるのですが、その中でも結構多いのが

「やまださんの言うことは理解できるし、共感することも多い。だけど、先輩や上司はなかなかそんな風な考え方をしてくれない」

「新しいことに取り組もうとすると、先輩からそんなことしなくていいって言われる」

というパターンにかなりの確率で遭遇します。

そうねえ、40代とか50代くらいって研修会に参加する人も少ないし、自分流の考えが固まっている人が多くて、なかなか新しいことを受け入れられ人もいる。

新しいことを受け入れるということは、これまでの自分を否定されているみたいに感じるんだろうなあ。

私が普段から言っているのは過去を否定しているのではなくて、過去のことも踏まえたうえで新しいことにも取り組んでほしいってことだ。

時代の変化に合わせて柔軟に対応していこうってことだ。

そのうえで、今の実践に間違っている部分があるなら新しい取り組みを始めてほしいってことだ。

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「2018年同時改定直前マガジン(やまだstyle vol.9)」に含まれています。

マガジンは2000円で販売しています。このマガジンは平成30年4月までコラムを連載しますので、マガジンを購入される方がお得です。すでに40本以上のコラムを掲載しています。

マガジンの全内容はこちらで確認していただけます。
⇒https://note.mu/yamada_ot/m/m88d391295049

=====ここから続き========

この続きをみるには

この続き:2,992文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

いよいよ2018年同時改定が目前に迫ってきました。このマガジンでは、リハビリテーション関連職向けに、同時改定やその後に向けてリハ関連職...

または、記事単体で購入する

同時改定後、新しい一歩を踏み出したいリハ専門職必要なこと

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
1

2018年同時改定直前マガジン やまだstyle vol.9

いよいよ2018年同時改定が目前に迫ってきました。このマガジンでは、リハビリテーション関連職向けに、同時改定やその後に向けてリハ関連職が病院や地域でどのように考え行動するのかってことをコラム形式で書いています。やまだリハビリテーション研究所の作業療法士 やまだ が書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。