見出し画像

消化率と原価率から考えるアパレル事業の在庫リスク

トレンド、シーズン、サイズ、様々な要因で売上が左右されるアパレル事業。アパレル事業の大きな悩みの1つが、在庫問題。店頭を華やかにディスプレイするためにも、売上の最大化を狙うためにも在庫リスクは必要。
そんな在庫は資産となり、過剰在庫でもBS、PLを見る限りでは経営において健全な状態かどうかが判断がつきにくい場合がある。

そこで、プロパー消化率、セール消化率に原価率を掛け合わせることで、キャッシュベースで考える「リアルな原価率」を算出することができる管理会計の手法を紹介します。私はこの手法を使い、ブランド別PLや店舗別PLを算出していました。

その手法とは?

例えば、以下の条件で原価率を考えてみよう。

上代10,000円の商品が100点
・商品原価率が30%
・プロパー消化率65%
・セールにて上代の40%OFFで25%消化
・最終消化率90%

この場合、PL上の数字は以下となる。

売上 800,000円(10,000円×65点+6,000円×25点)
売上原価 270,000円(3,000円×90点)
売上原価率33.8%

しかし、未消化の10%の在庫はBSでは資産となりPLにはどこにも出てこない。この未消化10%分も原価と考えるとどうなるか?

売上 800,000円(10,000円×65点+6,000円×25点)
売上原価 300,000円(3,000円×100点)
売上原価率 37.5%

このように売上原価は37.5%となり約4ポイントも跳ね上がる。

それでは、販売不振で未消化在庫が増加するとどうなるか?
プロパー消化率が40%
40%OFFでのセール消化率が30%
未消化が30%の場合

売上高 580,000円(10,000円×40点+6,000円×30点)
売上原価 210,000円(3,000円×70点)
売上原価率36.2% となりますが、
未消化在庫を加味した場合、売上原価は 300,000円(3,000円×100点)で、
売上原価率は51.7%に跳ね上がります!

常に売上原価は製造費を全額で考える事が大切です。販売分の売上原価しか計算せずPLを作成すると未消化在庫がみえません。この時点では黒字になっている可能性があります。しかし、実態は販売不振により未消化在庫が倉庫に積み上がりBSに資産として計上されています。これらを売上原価と考えると赤字となるでしょう。

店舗別やブランド別のPLを算出する際にこの「リアルな原価率」で事業を捉えることで事業の本質的な数字が見えてきます。

そこで、このような一覧表を作成することでリアルなPLが考えやすくなり、本質的な売上原価が見えてきます。
(グレー網掛けの数字は実態に合わせて変更して使用します)

画像1

在庫リスク算出時に参考にしていただけると嬉しく思います。

質問はTwitterにてどうぞ。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

yuicho

主に旅の記録と書籍に関するノートです。 ①直近4年で17回、およそ300万円使った旅の記録を書きためていきます。 ②毎月1冊、読んだ書籍の感想をまとめていきます。 ヘッダー画像はこれまでの旅で一番好きなスルジ山から見下ろすクロアチア・ドゥブロヴニク旧市街の眺めです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。