マーチャンダイザー

小売業・MD実務シリーズ”どうやって利益を残すか”

◉小売業・MDとしての仕事の最終目的は利益を残すこと

突然ですが、小売業ひいてはそれを構成する主要業務であるMDの最終目的は利益を残すことというのが私の考えです。

いやいや売り上げでしょう、という意見もあると思いますが、正しいようで間違ってます。正確には、業界の1位企業や10年前までならそれも正しいとは思いますが、現実的にはそのような企業ではない組織に属している人が大半だと思います。

さらに

もっとみる

ファッション店舗の『売場作り』を変えよう! その1

苦言を呈してみる。
僕はファッション業界に特化したコンサルティング会社からキャリアをスタートした。それから30年近く経つけど……
ファッションショップって実は栄枯盛衰の歴史で……専門店⇒DCブランド⇒百貨店⇒インポートブランド⇒セレクトショップ⇒SPA⇒ファストファッション⇒オンラインモール……を長らく見届けてきた。
まさに歩く業界年表(笑)かしら。ちなみに以下はその実年表を絵にしてみたものだ。

もっとみる

消化率と原価率から考えるアパレル事業の在庫リスク

トレンド、シーズン、サイズ、様々な要因で売上が左右されるアパレル事業。アパレル事業の大きな悩みの1つが、在庫問題。店頭を華やかにディスプレイするためにも、売上の最大化を狙うためにも在庫リスクは必要。
そんな在庫はBSにおいては資産となり、過剰在庫でもBS、PLを見る限りでは経営において健全な状態かどうかが判断がつきにくい場合がある。

そこで、プロパー消化率、セール消化率に原価率を掛け合わせること

もっとみる

オンラインファッションモール最新ランキング【メンズ アウター】

昔はファッションの売れ筋傾向を掴むのに、
①今のようには公開されないショップやブランドの販売情報、
➁ファッション業界のバイヤーやMD、売場とのパイプ、そして
③店頭視察と街行く人のウェアリング&アイテム観察
くらいしか手が無かった。

それに比べると今はオンラインモールのランキングがあるので、何が売れてるか?業界が仕掛けたトレンドのどれに買い物客が反応してるか?すぐわかるようになった。

という

もっとみる

MD展開 -BMWの場合-

最近は、自動車メーカーのMD(グッズ)展開について、メーカー別に考察しています。
メルセデスベンツ、アウディに続いて、今回もドイツ車の、BMWをみてみました。

ラインナップ

BMWも人気のドイツ車のひとつです。BMWもMDのことは、コレクションと呼んでいます。どうやら、外車はMDのことをコレクションと呼ぶメーカーがほとんどのようです。

ラインナップですが、HPからカタログをみると、とても豊富

もっとみる

MD展開 -アウディの場合-

メルセデスベンツに続き、今回は、ドイツ車のアウディのMD(グッズ)展開をのぞいてみました。
アウディも、メルセデスベンツに続く人気のドイツ車ですね。流れるウィンカーの先駆けで、個人的にもカッコイイというイメージです。

展開/販路

アウディも、ドイツ本国アイテムと、日本のローカルアイテムを販売しておりMDのことを、コレクションと呼んでいます。

日本での販路としては、自社ECサイトと、ディーラー

もっとみる

MD展開 -メルセデスベンツの場合-

先日、日本における輸入車業界のMD事情について書きまして、今回からさらに踏み込んで、メーカー別にどんなものを売っているのか、そこにどんな戦略が見え隠れしているのか、考えてみようと思います。

初回は、輸入車といえば、のメルセデスベンツです。
欲しい外車といえば、メルセデスベンツ、と言う人は今や多いのではないのでしょうか。

ベンツはドイツ車メーカーの中でも有名で、おベンツと呼ばれたり、お金持ちステ

もっとみる

日本とは違う、MLBのグッズ展開

前回は、日本のプロ野球チームのグッズ(MD)展開について書きました。
今回は、同じ野球でもアメリカ、メジャーリーグ(MLB)のグッズについて考察してみます。

アメリカのMD

そもそもですが、野球に限らず、アメリカはMDはほとんどがラインセンス品で揃えるのが主流のようです。自分たちで企画から製造の管理などはせず、ラインセンスを出し、製造元の販路でも売るし、同じものを自分たちのオフィシャルアイテム

もっとみる

プロ野球チームのグッズ展開

今回は、日本のプロ野球チームが展開している、グッズ(マーチャンダイズ、MD)について、全球団をみて思ったことを書きます。

スポーツチームなので、試合でのチケット、放映権なども大きな収益になりますが、その次くらいにMDの収益は大きいと思います。
チケット収入や、試合での飲食収入は、スタジアムのキャパもあるので、上限がありますが、MDはこれら他の収入源と比べ、これからも取り組み次第でビジネスを大きく

もっとみる

輸入車業界のグッズ事情

前回、自動車業界のグッズ展開について書きましたが、今回は輸入車業界に関してもう少し詳しく考察してみます。

というのも、日本車であれば、本社は日本にあるのでMDの意思決定は早いしシンプルなのですが、外国車を日本で販売し、MDもやるとなると事情も業務も複雑になると思うからです。

アイテムの種類

外車メーカーのMDは大きく3つに分けられると思います。
①本社アイテム
②ローカルアイテム
③ラインセ

もっとみる