カフェは「時代遅れ」なのか

やまじゆうきです!

この記事がめっちゃ反響がありまして、、

多かったのは「エモい、、」という感想。ちょっとピンポイントな話と時代性の話でもあったので刺さる人に刺さった、という感じですね。当時めっちゃカフェ行ってた、、みたいな人とか。

twitterでも結構話題にしてもらって嬉しいんですけど、読み返してなんと無く気持ち悪いな、という箇所があったので加筆修正しておきます。


ーーーーーーーーーーー

みなさんカフェって行きますか?
喫茶店でも、レストランでも、コーヒーショップでもなく、カフェ、です。

僕は仕事柄、というのもあるけどもともとカフェがすき!から入ったので、もちろん使う機会は多いです。
お腹空いたり、コーヒー飲みたいとき、友達との再会、読書。

なんでもできる!そんなところが昔から好きで。


少し脱線しますけど、パリにフローレというカフェがあって、とっても良かった。
ひとりで朝にコーヒーとクロワッサンっていうのが良かった。
(バターが全く違うんで味も全然ちがう)


えっと、大前提なのは海外のカフェと日本のカフェでは大きく性格も存在価値も違う、と。
この記事で書いているカフェというのは、日本で2000年代に流行り出したカフェのことをさしていて、ヨーロピアンな、暮らしや文化、生活に根ざしてしまった伝統芸能の様なカフェは一旦置いておいてもらうと嬉しいです。2000年代に流行りだしたカフェはそういったヨーロピアンなカフェに対する「アンチカフェ」として作られていったんです。モノトーンで無骨で格好いいイメージですね。食堂の役割を兼ねていたり、夜遅くまでやっていて大人の遊び場でもあった。


僕は大学生の時、はじめて東京で一人暮らしをしていて、それである日、友達が
「渋谷のカフェでランチしよ〜タコライスが美味しいよ〜」
と連れて行ってくれたんですけど、それがカフェの原風景であり初体験。
僕は青森生まれ宮城育ちですごい田舎者だったわけで。
ダイエーの地下のドムドムバーガーによく行ってました。
ミスタードーナッツとかしかなかった。
それが急に渋谷のカフェに連れて行かれて 「なにこれ格好いい!!」ってなるわけです。

あの時は本当に感動した。初めて海外に行った時のようなカルチャーショックがあった。
メニューも、内装も、店員さんの出で立ちや、振る舞いもBGMも全てが新鮮だった。特に2000年代前半は1番ムーブメントが起きていた時で、どのお店もすごいオーラがあった。かっこよかったんです。
飲食店っていう円の中にはいるけど、すごい異端な感じがして…そこからですね。僕のカフェに対する執着は。



初めて東京に出てきて出会ったカフェというあまりに目映く、規格外の文化。ずっと続くと思っていた。

タイトル、カフェは時代遅れなのか?ですが、結論を言ってしまうと

時代遅れです。

悲しいけれど、僕が憧れていた、愛したカフェは時代に取り残されてしまった。


今はコーヒースタンドが全盛。
ベーカリーショップとかビストロとか、そうゆう時代。小さくて、強い店の時代。
カフェというものは時代のムードから取り残されてしまった。
実際僕がよく行っていた名の知れたカフェはどんどん無くなっていきました。

代官山eau cafe
渋谷 flames
代官山drole
渋谷C65カフェ
渋谷 dexee diner
青山 aocafe
青山 dragonfly cafe
渋谷soma

などなど、もっとある!

どれも名だたるお店です。もしかしたら東京に住んでいた方や、カフェが大好きな方は耳にしたことがあるかもしれませんね。

今は、カフェを紹介する本を見てもコーヒースタンドとパンケーキの写真ばかり。


「違う…それ、カフェやない…そういうのじゃないんや…」

でも、仕方のないこと。
だって、カフェは必要とされなくなってしまったのだから。


カフェはなぜ潰れていったのか


そもそもなぜ減っていったのか、ですが

①利益が出にくい
長時間の滞在に対しての売り上げが割に合わない。
営業時間も長く人件費もかかる上に原価はレストラン並み。物理的になかなか厳しいビジネルモデルであるということ。


②内実が伴っていなかった。
実は、これが1番な気がしているんですけど、ちょっと流行りすぎた。天狗ってやつです。
長い目で見て
「このメニュー、味、サービスではマズくね?」
っていうことを言う人が内部にいなかった。現状維持。だってお客さんどんどん入るんですもん。
売り上げになる。現金になる。飲食店は日銭を稼いでいる気になれる職業ナンバーワンですから。
現場もお客さんどんどん来るしそれでいいよね、ってなりますよそりゃあ。お客さんに対して、上から目線にもなる。
今思えばかなりツンケンしてたな。ブームに火がつきまくる中で、正直気持ちのいいサービスとか接客をしてくれたお店はそんなに多くはないです。
圧倒的なグルーブを持っていて地域に根ざしてしまえばそれでも幾らかはいいのかもしれませんけど(それこそ駒澤バワリーとかj-cookとか)。


お店の慢心、油断があった。
当時に比べて、今の時代いいサービス、いい商品は当たり前。標準のスペックです。
今となってみるとカフェブームで興ったお店たちは標準のスペックすら持ち合わせてなかった。雰囲気で勝負みたいなとこはあった。
(まぁそれでもいいとこばかり書いてくれるメディアばかりだったけど)

お客さんが来ている現状に内実が伴っているのか?に目を向けていれば、あるいは、、


カフェに夢と希望はないのか



カフェはこれから無くなっていくのか?

それはこれから自分たちで選ぶしかない。そうゆう選択をすればいい。
沢山のお店がなくなったけど、カフェは死んでいない。
味も、サービスも普通で、内外装だけ小洒落たお店ではもうやっていけないけど、解決策はある。

前回も書きましたがコミュニティです。
誰から買うのか?
商品(味やサービスの言い換えですね)に共感するのではなく、人やストーリーに共感する、親近感を持つ。
ということは、人やストーリーを伝えるシステムがあればいいということなんですけど、それがまた難しいんですよね。これは今度書きます。


うちにマックスというフィンランド人とブライアンというアメリカ人の常連さんがいるんですけど彼らは1日に3回くらい来店してくれる。(またうちのことをとても評価してくれてありがたいんですけど!)

彼等のカフェの使い方は日本のソレとは全く違う。いくらかカフェの位置付けが違うんですけど実はそのへんもチャンスがありそう。


まとめてみると

●カフェは下火(というか消えそう)→人気に甘んじて何となくでもやれちゃう店が多かったけどそれにお客様が気付いてしまった。夢から覚めた。

●文化が死んだわけでは無い→現に益々盛んに営業しているカフェはある。僕は今だにそうゆう形態のカフェが好きです。

●人やストーリーで選ばれよう→共感してもらえれば応援してもらいやすくなる。遠くの他人より近くの他人。


人で選ばれようのところ(人やストーリーで売る)は、ちょっと抽象的なんでまた今度書いていきたいですね。


前回からカフェに対する危機感を煽ってばかりですが僕はカフェを事業にして食べている訳で、続けているということは、そうゆうこと。


ーーーーーーー


さて、いかがでしたか?

僕のカフェへの認識、という話でした。
カフェ、本当に好きなんですけど、なくなっていく一方で新しく乱立していくわけでもなくて。寂しいんです。あとやっぱり純粋に格好いい店が減った。これからの若い子たちに期待ですね。


もちろん、僕も頑張ります。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはお気持ちだけで十分嬉しいので、SNSなどでシェアなどして頂けるととっても嬉しいです。

スキありがとうございます!シェアなどして頂けるととっても嬉しいです。
79

コメント2件

いい記事ですね。(*´∇`) カフェ、増えすぎた感はありましたね。うちの村には一軒しかないので貴重ですが。
青森県民なので、ついつい親近感湧いてしまいました。(*´∇`)✨
共感多くコメントさせて頂きました。かつて浜松にあった喫茶太陽、基本任せられる後輩を招き入れ先輩が去るというシステムで先輩に恥かかさん様にやってました。8代目のバイト、今も私の誇りです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。