見出し画像

'95 till Infinity #024

目次はこちら。


【 第1章: 2nd Summer of Love of Our Own #016


 しばらくして帰ってきたトーニの手には乾燥機から引っ張り出してきた俺とカイロのTシャツ。投げられたTシャツを俺はキャッチしたけど、カイロのTシャツはビデオに夢中のカイロの頭を包み込むようにふわりと着地する。

 一瞬間が空いてからカイロはTシャツを取ってトーニを睨みながら言う。

 「おい、何すんだよ?見たらわかるだろうけど、俺はビデオ見てんだよ」

 俺とトーニはお互いを見合わせて苦笑する。

 「おい、俺も馬鹿じゃないんだから、言われなくてもそんなのは見たらわかるよ。カイロ、しょうがないなぁ、お前は。スケボーとなったら、周りも見えねぇんだからな。とりあえずは出ようぜ、ここにいてもしょうがないしよ。

 大体、お前はさっきの話の流れを全然聞いてなかっただろ?あの流れだったら、どう考えても明らかにもう出発だろ?そうやってファットなグルーヴが回りだしたのにせっかくのフローを止めるなよ、なぁ、ブラザー?」

 と、ラッパー風の大げさな腕の動きをでたらめなギャングサインで締めるトーニを横目に見ながら俺はトーニが床にポンと置いた靴下を履く。

 カイロもそんなトーニをまともに相手にする気はないらしく、黙ってTシャツを被っている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

書き手 えいきら

イベント映像会社、イベント制作会社、外資系映像機器メーカーを経て、現在東南アジア某国在住。酒は飲むからには呑まれる40歳。

'95 till Infinity ~ 第1章

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。