恐怖の連続的体験

我が脳は

我が身にあって

我にあらず

散らばったサイレース

横目に眺む

何もせず

家に困れば

鬱屈し

しかれど外は

魔神の巣窟

世間は

過呼吸我を

助けずに

それも分かる

朝の梅田駅

不快など

言わずもがな

発作だが

デパスが飲めると

喜ぶ哀れ、我。

リキュールで

嘔吐する人

うらめしい

酒豪の我は

破滅も望めぬ

エタノール

lemonを少し

もっとみる

マイルス・デイビス 帝王日記

✖月✖日 月曜日
朝起きるとおれは白ン坊になっていた、なんてことだと驚いていると、
隣で寝ている名前も知らないビッチが「ゆうべアンタは頭からコカインを
袋ごと頭に振りかけていたわよ」と言うではないか、「黙ってろ、このクソアマ」と平手打ちし、シャワーを浴び5000ドル分のコカインを洗い落とす。
そのあと本物の豹の毛皮で作ったバスローブを羽織ったままジムで汗を流した、オーネット・コールマンのクソ野郎の

もっとみる

南の島で現実の夢を体験してタバコの効能に気づいた話

数年前、まだインドネシアでマジックマッシュルーム(以下,MM)が合法だった時に食べる機会に恵まれた。
一般的に言われている、スピリチュアル体験や激しい視覚変化(歪み、幻覚)はあまり起こらなかった。
まれに全く効果が出ない人もいるらしいが、自分の場合は今後大切にしたい人生の気付きを得られたので感想を語る。

MMは一時期日本でも流行っていた時期があり(現在は違法)、オウムの洗脳ツールにも使用されたこ

もっとみる

物語の無い世界で僕らは完璧に暮らす - 志を切り売りする(日本人) -

家の前に”変なホテル”が出来て家の窓やベランダから隅田川の花火大会を見ることができなくなった。

ご存知の通り、HISが展開するホテルで、創業者である澤田さんの肝いりとのことで、田原町にも出来たことを、マクドナルド一号店が地元に出来たことを喜んでいた地方在住中学生だった頃の気持ちで受け入れるべきなんだろうか。

そして、隅田川花火大会が見られなくなった心の穴を埋め合わせることになるのだろうか。それ

もっとみる

子どもだけが起きている - 幕張には眠っている人しかいなかった -

水曜日、クライアントワークも終わり昼過ぎから特にやることもなくなったので、ロードで適当にライドすることにした。

浅草から西に向かえば都心を突っ切ることになり、かつ相当西の方に行かなければなかなかおもしろい場所に出会えない。南は横浜方面、横浜は港町としての独特の風情や情景があって好きなのですが、いかんせん途中の川崎あたりの道が悪く、行き交う車も殺気立っているので少々気合を入れなければならない。

もっとみる

CHAGE&ASKA(チャゲアス)を愛し過ぎていることについて語ります。

今日は、あまりにも個人的な趣味記事投下します。(笑)

タイトルにもある通り、私はかなり前からチャゲアスファンでして。。。爆

 

どのくらいファンかと言うと・・・

私の母が胎教に使っていたのがチャゲアス(たまに玉置浩二)だったことがすべての始まりで、その英才教育が実を結び、チャゲアスの曲を聴くとお尻をフリフリしながら踊る、という、0歳の時からの正真正銘チャゲアスファンです。爆

30年。(笑

もっとみる

'95 till Infinity #032

⇒ 小説全体の目次は こちら 。
⇒ あらすじは こちら 。
⇒ 作品説明は こちら 。

【 第1章: 2nd Summer of Love of Our Own #024

 俺はトーニの母親が大好きだった。

 彼女は俺や他の奴の母親みたいに細かい、そんなこと言っても何にも変わんないよという意味のないことは一切言わない、スーパークールな母親だった。

 他の母親たちなら俺たちをガキ扱いし

もっとみる