アキラ

日々の生活とか、想い出を書き残せたら。 東京に来て2年目。 読書をするようになってから、書くことも好きに。元々、両方嫌い。読書感想文なんか、最たる例。 手紙とか文章をノートに書いているときに、ITの仕事をされている方からnoteを教えてもらい、始めてみました。

note移管計画

新卒で入社した会社をわずか1年で辞めた僕は、いろんな方との出会いのおかげで、この夏からITの会社で働き始めた。
会社の主な業務内容はホームページの制作。僕の業務はWebライターだ。日々、いろんな記事を書いているけど、未経験ということもあり、プロ並みにはまだ書けない。勉強中の毎日だ。それもこれも、すべてはシェアハウスに住んだことがきっかけと言っても過言ではない。

「何か短くてもいいから、書いた文章

もっとみる

星を探して

台風が近づいていたからか、洗濯物が風に揺れている音で目が覚めた。

時計を見ると4:19を指している。早朝と言うべきか、夜中と言うべきか悩ましい時間に目覚めてしまった。

洗濯物が風で飛ばされていないか確認する。良かった。無事みたいだ。

僕は驚いた。不意に空を見上げると、そこには星がたくさん輝いていたから。

「東京ってこんなに星が見えるのか」と感心した。もっとじっくり見てみたい。同居人を起こさ

もっとみる

街が生きている

シェアハウスからの引っ越しが終わり、新しい生活が始まった。

会社までは歩いて15分。今までとは違う景色を歩いていく。僕の住んでいるのは、商店街に程近い場所だ。

台風が過ぎて、久しぶりに見る清々しい青空の下を歩く。時間は9時過ぎ。出勤は10時からだから、比較的、朝はゆっくりできるからいい。

家を出てすぐ商店街の入口にさしかかる。
同じように朝がゆっくりな人たちが僕の前を歩いている。朝のラッシュ

もっとみる

金木犀を想って

秋晴れのある日。外に出て鼻をかすめたその香り。

「今年も来てくれたんですね」と1人つぶやいた。

あなたはいったいどこにいるのでしょう?

甘く、爽やかなんだけど、それでいて少し残る感じ。どこかな?どこかな?

あっ、いました。今年もオレンジ色の姿をしたあなたが。

風が吹くたび、あなたの気配が残ります。秋の爽やかな青空と、フワフワした雲の下にいるあなたはとても素敵なような気がします。

今年も

もっとみる

シェアハウス脱出計画

2月の終わり。僕は住む家を失った。
すべては自分のせいだけど。

ホームレスになりかけた(正確にいうと少しなった)あとに、藁にもすがる思いで、僕はシェアハウスに住むことにした。

シェアハウスに住むなんて有り得ないと思っていた。
同じひとつ屋根の下に知らない人たちと一緒に暮らすなんて……
でも、僕は選ぶしかなかった。そのとき、僕の選択肢はホームレスになるか、死ぬか、シェアハウスに入るかのどれかしか

もっとみる