中村綾花 Ayaka Nakamura

仏在住ライター福岡出身。長崎の大学を経てテレビ「ダーツの旅」テレビ番組でAD。その後NYへ遊学。リクルート「R25」。世界で婚活後、パリで結婚。自宅自力でリフォーム中。パリジャン十色。日本人も色々だといいな。https://cakes.mu/series/3055

贅沢三昧を噛みしめる

先週末、パリ郊外のヴァンセーヌの森公園へ。

なにが贅沢かって、この日は旦那さんにチビをみてもらって私一人で出かけたこと。

そして数ヶ月ぶりに再会する先輩友人らとの近況報告。恋だ愛だそれぞれの出会いや別れや仕事や住まいの色々つれづれ、各々が「自分」を中心に生きる葛藤やらをじっくり語り合えたこと。

さらにさらに、先輩方の手作りサンドイッチやらキノアサラダ(可愛いガラス容器入り)を頂けたこと。キノ

もっとみる

夜9時半の散歩

また散歩か。と思うけど、ここ最近フランスは夜10時くらいまで明るいので日が長い。

風呂上がりに一人きりの贅沢な散歩をする気になって近所のお城の公園まで歩いてみた。

そうそう、この時期は毎夏恒例のジャズコンサートが開催されてる。近くまで行くとステージ横やら裏すぐそばを歩けるので音楽はまる聴こえ。

そう思って集まってくるこの街の住人は、私だけではなかったわな。

椅子まで持ってきてじっくり腰据え

もっとみる

「自分」が一番大事な時代

戦争直後に生まれてから今も生きる人生の先輩と話をしていると、「自分」というものの重要さが、私とは桁違いに違うことを思い知って驚くことがある。

食べることに不自由してサバイバルする時代を生きてきた人たちは、まず「自分」より、兄弟だったり、子供だったり、パートナーだったり、

自分というもの意外の人間を優先して生きることが当たり前だったようだ。

それに比べて今。

年月がたち、戦争を知らない世代の

もっとみる

最近、街で見かける広告にネットサービス系が多いと感じる。

この広告はティンダーって言う、出会いを求める人たちが使うアプリですよね?(結婚後はこういうのはあえて疎い生活してます)

広告には時代が反映されてるもんですが、最近のこういうネット出会いサービスの広告は超シンプルな言葉に、イメージや写真で訴えかけてくるものばかり。

そんでもって、女性主導のイメージが強い。

このティンダーの広告も、女性はセクシーだけど、男性より上によじ登って攻めに行ってるイメー

もっとみる

フランスの暴動について

いま、フランス大統領のマクロンの演説をテレビで観ながらこれを書いている。

ここ最近のフランスでの暴動は、日本でもさすがにニュースになっているようでSNSなどで私の安否を心配してくれるメッセージも受け取るようになった。

私はパリ郊外に住んでいるので、あんまり影響はない。そして土曜日はどこの交差点が封鎖されてるかわからないので、車で外出しないようにしている。

もともとこのデモと暴動は、政府がガソ

もっとみる