島影真奈美

スポーツクラブではダメですか(別居嫁介護日誌 #59)

「そろそろスポーツクラブに復帰したいんですが、通い始めてもよろしいですか。まずは先生にご相談を、と思いまして」 義父からそんな発言が飛び出したのは、もの忘れ外来...

おかあさん、言葉が違っていますね(別居嫁介護日誌 #58)

夫の実家の台所の電球が切れていた。近所のコンビニに電球を買いに行き、新しいものに交換する。ここまでは、とりたてて変わったこともない、ふつうの出来事だった。 当時...

あの電球って、あの子が買いに行ったの?(別居嫁介護日誌 #57)

義父母のたっての希望で、取り替えることになった玄関の鍵。 「誰かが自宅の鍵を持っていて、留守中にものを盗んでいく」「デイに行っている間に、誰かが入り込むかもしれ...

ああ、そのカギのことだったの(別居嫁介護日誌 #56)

もの忘れ外来の定期受診は毎月1回ぺース。夫婦そろっての受診で、診察時間は約30分前後。混んでいる日は1時間以上、待つこともあるけれど、じっくり話を聞いてもらえる安心...

最近、楽しいことはなんですか?(別居嫁介護日誌 #55)

「おふたりとも、機嫌良くデイにお出かけになりました」 ヘルパーさんからそう連絡が入ったときは心底ホッとした。前日、鍵交換の業者さんがやってきたときは寝込んでいた...

あの引き出しなら、ドロボウも手が出せません(別居嫁介護日誌 #54)

さて、鍵の交換である。 お願いしたのは、インターネットで探した鍵の交換業者だった。事前にどこまで情報を伝えていいものか迷いながら①家主が高齢であること、②やりと...