シリコンバレー弁護士のノート

シリコンバレーでスタートアップから大企業まで、広い弁護士経験を持っています。法律関連のネタや、ビジネス交渉に登場するフレーズやキーワードをひろっていきます。

「雛形」の功罪

今日は自分への戒めをたくさん込めて、契約雛形について書きたいと思います。(冒頭の写真は近くのハイキングトレイルです。左に太平洋、右にサンフランシスコ湾が一望できるところです。シリコンバレーは「谷(バレー)」だけでなく山もとても多いです。)

とある経緯で最近、ある企業の「雛形契約」を拝見する機会がありました。程度の差はあれど、誰しも「うわ、すごっ。読めん。」という経験があると思いますが、今回見たの

もっとみる

大きくなったらポスト・イットを作る人になりたい!

アメリカ若者世代の人気企業、2016年のナンバー1に輝いたのはGoogleでもない、Appleでもない、Disneyでもない。ニューヨーク、ボストン、西海岸の人気大都市でもない。トップに立ったのは中西部ミネソタ州にある「3M」。ポスト・イット(Post-it)やテープ類でおなじみのあの会社です。上位200社ランキングに去年は不在だったに関わらず今年はいきなりの1位。

「ミレニアル世代の憧れはGo

もっとみる

アッシー君なんていらない。現代女子が求める男性とは?

今では死語に近いらしいですが、バブル期に流行った「アッシー君」という言葉がありました。「メッシー君」「ミツグ君」というのもあって、簡単におさらいすると:

アッシー君:いつでも足になってくれる、つまり車で送迎してくれる人
メッシー君:いつでもメシを奢ってくれる人
ミツグ君:値段を問わず、プレゼントをしてくれる人

こういう相手が彼氏な場合もありますが、概ね恋愛関係とは違う次元の存在になってしまいが

もっとみる

「Copyright」の和訳ってなんだっけ?

最近立て続けにCopyright関連の裁判判決が話題になりました。どちらもGoogleがらみで長年続いた係争なので直接的に今すぐ何かが変わります!という即時性はないものの、大きな法律的意義を持つものでした。(判決そのものは日本でも広く報道されたのでここでは紹介にとどめます。)そこで今日は判決のポイントだった「Fair Use(「ファエユース」「公正利用」)」と、「Copyright」という言葉の由

もっとみる

オリジナル文書の威力って、どこで発揮されるんだろう?

久しぶりに「袋とじ・割印」入りの契約文書を見て、なんだか新鮮な感じでした。きちんとした会社さんで、文書の取り扱いに絶対間違いがなさそうな印象を受けました。でも好印象と同時に、なんでここまで。。。とも思ってしまいました。。。

契約内容はいわゆる「MOU(兼NDA)」、有効期間1年の短いものです。金銭的対価はなし、MOUの主旨に沿って協議を進め、本契約に向けて条件交渉をしましょう、というものです。

もっとみる

そんなに怒ってるなら早く言ってよ。

「訴訟大国アメリカ」と良く言われます。実際の訴訟件数までは調べてはいませんが、感覚として「確かに多いな」との印象はあります。訴訟の中でも横綱クラスかつ「やっかい」(訴えられる側にとって)な集団訴訟 (Class Action)の一例として、最近話題になった「アイス・ゲート」(Ice-gate)(*)について書きたいと思います。おなじみスタバを相手とった集団訴訟なので、対象となる方は少なくないでしょ

もっとみる